menu

Google「商品リスト広告」を利用する際の3つの注意点と活用のヒント

EC

ショッピングを目的としたユーザーにダイレクトに訴求することによって、CPA(獲得1件あたりの費用)を抑えることができる商品リスト広告。

入稿方法が他の広告サービスと異なるものの、「Googleマーチャントセンターへのアカウント登録」、「データフィードの登録」、「データフィードの参照」という3つのステップを押さえれば誰でも簡単に利用できます。商品リストを利用するうえでの3つの注意点と活用のヒントについてご紹介します。

データフィードは常に最新状態をキープ
ユーザーに安心感を与えるためには、広告とランディングページの整合性が大切。とりわけデータフィードによって自動生成される商品リスト広告は、一度データフィードを作成するとその後の確認がおろそかになりがちです。

セール期間中などは特に注意し、税込み価格がランディングページと合っているか、在庫状況が反映されているか入念に確認して、データフィードを最新の状態にキープするようにしましょう。

アピールポイントは商品名の前半に記載
商品リスト広告ではデータフィードとして登録した「商品名」が広告文の役割を果たします。商品名は最大70文字まで入力することができますが、検索結果とGoogleショッピングで表示されるのはそのうちの前半20文字程度。“これだけは伝えたい”という商品のアピールポイントや、「送料無料」や「○○%OFF」といった特典はできるだけ前半部分に記載するのがポイントです。

Google 商品カテゴリは必ず設定
商品リスト広告のデータフィードの1つに、「Google商品カテゴリ」があります。Googleが定める商品カテゴリから1つを選ぶもので、設定自体は任意ですが、これは必ず設定しましょう。Google商品カテゴリを設定することによってGoogleが商品を認識しやすくなり、関連性の高い検索クエリに対して表示される可能性が高まります。

商品リスト広告の活用ヒント
商品リスト広告はCPA(獲得1件あたりの費用)が抑えられるだけでなく、データフィードにもとづいて広告が自動生成されるため、クリエイティブ制作に費やしていた時間を効果測定に充てやすいのも特徴です。まずは商品リスト広告を出稿して商品へのレスポンスを確かめ、得られたノウハウをディスプレイ広告やリスティング広告に反映させていくのもいいかもしれません。

小野 良勝

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

A&P with terrace|オープンテラスのアジアンリゾートA&P with terrace|オープンテラスのアジアンリゾート

ad07コンバージョン=売上は間違い。Web広告の運用で見落としがちなポイント

関連記事

  1. ec03

    ECサイトの集客の基本。Google「商品リスト広告」のメリット…

    商品名、価格、説明文といったデータフィード(商品の管理情報)を登録することよって、Googleの通常…

  2. 2021年のマーケットは25兆円超。ビジネスの成功に欠かせないECサイト運営

    2021年のマーケットは25兆円超。ビジネスの成功に欠かせないE…

    新商品の紹介やプロモーション、CSR、プレスリリースなど、企業活動のさまざまな局面で利用されるWeb…

  3. ec04

    オーガニック化粧品の人気ブランド「LUSH」に見る、次世代のEC…

    フラットデザインやマテリアルデザインなどさまざまなWebデザインが登場するなか、それらを効果的に取り…

  4. あえて「弱み」を出し、売る側の顔を見せる。納得できる商品ページのコンテンツ

    あえて「弱み」を出し、売る側の顔を見せる。納得できる商品ページの…

    ECサイトでは売る側も買う側もお互いの顔が見えません。スマートフォンの普及によって購買に至る時間が短…

  5. ec02

    「梱包や発送業務が悩みのタネ‥」という方におすすめのフルフィルメ…

    「梱包に時間をとられてコンテンツを企画の時間がない‥」、「在庫で倉庫スペースがぎっちり」‥。ECサイ…

  6. ec02

    やっとたどり着いたら売り切れ‥。ECサイトにおける縦長ランディン…

    多くのECサイトで見られる縦長のランディングページは情報量の多さゆえに購買行動を妨げ、運用面でもデメ…

  7. ec03

    クーポン訴求がカゴ落ちを招く?決済ステップを完結させるための2つ…

    取り扱う商材やショップの規模を問わず、ECサイトを運営していくうえでは避けて通ることができないのが、…

  8. 販売戦略のヒントとして知っておきたい「フレーミング効果」

    販売戦略のヒントとして知っておきたい「フレーミング効果」

    ECサイトで長期的に成果をあげていくためには、商品の適切な価格設定が欠かせません。確実に利益を確保し…

PICKUP

  1. “ユーザーが購買する意味”を作る。ECサイト成功の鍵を握るコンセプト設計
  2. 【リスティング広告】 獲得効率アップの鍵を握る予算設定
  3. 2021年のマーケットは25兆円超。ビジネスの成功に欠かせないECサイト運営
  4. seo09
  5. renewal09
  1. コンテンツは自由自在&SNSでプラスαの効果も期待できる動画広告
  2. あなたのビジネスを加速させるツールとしてWEBを十分に活用するには
  3. SenseGiz_FIND
  4. っかり把握しておきたいホームページリニューアルのデメリット
  5. BLEBeacon18
  6. director09
  7. googleAnalytics
  8. BLEBeacon10
  9. 【15】GOkey
PAGE TOP