menu

「梱包や発送業務が悩みのタネ‥」という方におすすめのフルフィルメントサービス

EC

「梱包に時間をとられてコンテンツを企画の時間がない‥」、「在庫で倉庫スペースがぎっちり」‥。ECサイトを運営している企業の担当者のなかにはそんな悩みを抱える方も多いかもしれません。

ユーザーを満足させリピートを促すうえでは発送や梱包も大切ですし、ECサイトを運営していくうえでは避けて通れない作業でもありますが、そうしたバックヤード業務に拘束されてEC本来の強みが活かせないとしたら本末転倒。

梱包や発想、クレーム対応といったバックヤード業務を効率化するには、多くの企業が提供しているフフフィルメントサービス(ECサイトの運営支援サービス)を利用してみるのもいいかもしれません。

ECサイト運営者が利用できるフルフィルメントサービスは、大きく2種類に分けられます。1つはAmazonや楽天といった大手ECモールが出店者向けに提供しているサービス。もう1つは物流企業や配送会社が提供しているサービスです。

前者は比較的料金が安いのが特徴で、例えばAmazonが提供している「フルフィルメント by Amazon」なら月あたり3~4万円程度の予算で利用することが可能。初期費用がかからないうえ、在庫の保管と配送に加えて返品対応までAmazonが代行してくれるため、ECサイトの運営者は時間やスペースを気にすることなくキャンペーンの企画やコンテンツ改善に注力できます。

また、楽手の「楽天 スーパーロジ」も商品の入荷・保管・出荷までをカバーし、アメニティグッズやチラシを同梱するオプションサービスも提供されています。いずれもEC市場を牽引する企業が提供しているだけあって梱包やオペレーションのクオリティが高く、モールに出店している場合は使ってみるのもいいでしょう。

一方、物流会社や配送会社が提供しているフルフィルメントサービスは料金こそやや高くなるものの、物流のプロならではのきめ細かいサービスが特徴です。ヤマト運輸が提供している通販用のフルフィルメントサービスは、通常の在庫管理や出荷オペレーションに加えて、賞味期限やロット数の確認・管理まで代行してくれます。

専用の定温保管センターや冷凍・冷蔵センターも用意されているので、デリケートな商材や生鮮食品を安全かつ効率的に管理したい場合は、こうしたサービスを利用してみるのもおすすめです。

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

アメリカ・EEDAR社の調査に見るVRマーケットの「今」(後編)

クリック率(CTR)がスマホ広告の約30倍?VR広告の可能性

関連記事

  1. 安心して買い物ができるECサイトの条件。必ず押さえておきたい2つ…

    販売側の顔が見えないECサイトでは、商品やサービスの訴求とあわせて、ユーザーに安心して買い物をしても…

  2. 既存顧客や従来の販売方法に着目することで「越境EC」は進化する。…

    越境ECを活用して既存顧客の囲い込みにつなげるユニークな施策を行っているのが、東京・御徒町に店舗を構…

  3. ECサイトが参考にしたい、有力企業のバズマーケティング

    バズマーケティングとは、FacebookやInstagramといったSNSの口コミを利用してブランド…

  4. 決済でユーザーの70%が離脱?ECサイトにおける3つの決済方法

    大手リサーチ会社が約2000人のユーザーを対象に行ったアンケートによれば、ECサイトに希望する決済方…

  5. 都道府県別のECサイトの利用傾向。スマホ利用率第1位は意外にも‥…

    スマートフォンやタブレットの普及によって場所を選ばずネットショッピングができるようになった一方、EC…

  6. 商品の梱包・発送を既存顧客へのアプローチとして活用する

    ECサイトにおいて既存顧客を再獲得するためのコストは、新規顧客の獲得コストの約1/5程度で済むと言わ…

  7. 「越境EC」を始めるなら知っておきたい、世界一のEC大国・中国の…

    世界中のネットユーザーを相手に直接商品やサービスを販売することができる越境EC。特に販路拡大を狙う国…

  8. ECサイトを安全かつ継続的に運用するための「守り」の施策

    明確な戦略にもとづいたコンセプト設計と価格設定、さらには2ステップマーケティングなどを活用したPDC…

PICKUP

PAGE TOP