menu

「ベニスアップデート」によって大きく変わったSEO

SEO

「ユーザーに有益な情報を提供する」という理念にもとづいて、Googleは検索エンジンのアルゴリズム変更を続けています。これまでにも「パンダアップデート」や「ペンギンアップデート」と呼ばれるアルゴリズムの変更が行われ、人工リンク設置をはじめとしたスパム行為や、Googleのガイドラインに違反する要素が含まれるWebページの検索順位は大きく低下しました。

そうしたなか2015年1月に実施されたのが「ベニスアップデート」です。「ベニスアップデート」とはどのようなもので、SEO対策にどんな影響を与えたのでしょうか?

「ベニスアップデート」とは

「ベニスアップデート」とは、ひと言で言うとGoogleの検索結果にユーザーの位置情報を反映させる仕組みです。カフェやレストラン、商業施設、病院といった地域依存性が高いキーワードで検索すると、ユーザーの現在位置から近い店舗・施設のWebページが優先的に表示されるようになりました。

このアルゴリズムは当然日本国内にも適用されており、例えば「カフェ」で検索した場合、ユーザーが東京の新宿にいる場合と、福岡市内にいる場合では検索結果は全く違ったものになります。最寄りの店舗や施設が検索上位に表示されるようになったことで、Googleの検索エンジンはより身近なツールになったと言えるかもしれません。

SEO対策への影響

ベニスアップデートはユーザーの利便性向上をもたらすと同時に、Webサイトの運営者にも大きなインパクトを与えました。その1つが相対的なアクセス数の低下です。検索順位を決める要素としてエリア情報が加わった結果、それまで適切なキーワード対策によって検索上位を獲得していたWebページでも検索上位を獲得しにくくなりました。

例えば、前述の「カフェ」の場合、ベニスアップデート以前ならエリアを指定した「カフェ 新宿」と、メインキーワード単体の「カフェ」の両方で検索上位を獲得し、一定のアクセス数を確保することができたのに対し、ベンスアップデート以後はメインキーワードの検索がローカライズされたことにより、メインキーワード単体からのアクセス数を確保するのが非常に難しくなっています。

そこで重要になってくるのが、やはりコンテンツの存在。「近い」、「便利」といったメリットに引けを取らない情報を提示し、いかにユーザーの共感を得られるかどうかが、ベニスアップデート以後のSEOのポイントと言えるかもしれません。

小野 良勝

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

リスティング広告の運用担当者が陥りやすい3つの落とし穴(前編)

縦長レイアウトはもう古い?スクロールエフェクトを活用したWebサイト

関連記事

  1. クローラーの誤認によって検索順位が落ちる?SEO担当者が知ってお…

    Googleは「ユーザーに有益な情報を提供する」ことを理念として、検索エンジンのアルゴリズムのアップ…

  2. 成果報酬型は要注意。SEO対策のパートナー企業を選ぶ際に、最低限…

    現在のSEOはユーザーメリットになる質の高いコンテンツを配信して検索上位獲得を狙うコンテンツSEOが…

  3. Web担当者なら知っておきたいスパムリンクの見つけ方&Googl…

    Googleはパンダアップデートやペンギンアップデートの更新を繰り返し行い、人工リンクをはじめとした…

  4. 「ユーザーの評価=検索エンジンの評価」という考え方

    Webマーケティングの集客手段としてSEOを活用するには、検索エンジンの仕組みについて正しく理解する…

  5. 他社に先行して商品ページを公開→アクセス数約860%UP。pho…

    SEO対策では、人気の高いキーワードほど競合も多くなり、検索上位を獲得するのが難しくなります。また、…

  6. 読まれるコンテンツとは?オーガニック検索での季節ネタの効果

    コンテンツSEOでは、企業が発信したいメッセージだけでなく、トレンドやユーザーに読まれやすいテーマに…

  7. 記事の質だけでは不十分?コンテンツマーケティングで見逃されがちな…

    Googleをはじめとした検索エンジンの進化にともない、現在のSEOは良質なコンテンツを配信すること…

  8. 「クローラビリティ」を向上させるアプローチ

    検索エンジンにおける検索順位は、情報収集用ロボット「クローラー」がテキスト情報やサイト構造、外部から…

PICKUP

PAGE TOP