menu

夢と魔法とIoT。Walt Disney World「MagicBand」

IoT

スマートフォンで家の鍵を管理できるスマートロックや、忘れ物防止タグといった身近な商品から、スペイン・バルセロナ市の都市環境整備など、幅広い分野で導入が進むIoT。あるリサーチ結果によれば、2020年には世界中で250億個の製品がインターネットにつながり、IoTの市場規模は約1.7兆ドル(約178兆円)に達すると見込まれています。

そうしたなかアメリカ・カリフォルニア州のWalt Disney Worldは、2013年に約10億ドルの予算を投入して独自のウェアラブルデバイスを開発。テーマパーク・アミューズメント分野のIoTの先駆けとして大きな注目を集めました。

デバイスをかざすだけで入園&ファストパスやランチの予約も可能
Walt Disney Worldが開発したのは、「MagicBand」というリストバンド型のウェアラブルデバイス。内部にはICと小型アンテナによって複数のユーザー情報を同時に取得・更新できるRFIDチップが組み込まれています。利用にあたってはWalt Disney Worldが提供している「MyDisney Experience」へアカウント登録が必要で、直営リゾートホテルに宿泊しているゲストなら、デバイス自体は無料で使えます。

パーク内の各所に専用のタッチポイントが設置されており、利用者は「MagicBand」をかざすだけで入園可能。チケット販売の列に並んで煩わしい思いをすることはありません。また「MagicBand」は直営リゾートホテルのルームキーも兼ねているほか、ファストパス(人気アトラクションに優先的に乗れるチケット)を最大60日前から予約できる機能も付いています。

とりわけ注目したいのは、ゲストとキャストの双方向かつスムーズなコミュニケーションを可能にしていること。「MyDisney Experience」へ登録したゲストの情報は、「MagicBand」を通じてテーマパークのキャストやキャラクターにも認識され、ミッキーマウスやドナルドダックが「○○さん、ようこそ!」と名前を呼んで歓迎してくれます。

またテーマパーク内の飲食店では、「MagicBand」を介して事前にメニューを予約しておくこともできます。テーブルに着くと自動的に予約した料理が運ばれてくるので、混雑時や限られた時間で効率的にアトラクションを回りたい時などには非常に役立つのではないでしょうか。

Walt Disney Worldは「MagicBand」によってゲストの利便性を向上させるだけでなく、アトラクションの混雑情報やグッズの売れ行きを取得することによって、キャストの人員配置や商品の在庫管理にも役立てています。この施策は航空会社やスポーツメーカーといった異業種の企業からも注目をされ、多くの引き合いが寄せられているそうです。

小野 良勝

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

日本発、VRを歩行困難者のリハビリに活用した「COGY」

外注やデザイナーに頼らずサクッとロゴを制作。ロゴジェネレーター3選

関連記事

  1. Bitbite|ユーザーの「咀嚼」を解析して食生活改善をサポート…

    「Bitbite」は、ユーザーの食生活改善をサポートするイヤホン型のウェアラブルデバイスです。2cm…

  2. Ecoisme|テレビなどの消し忘れをアラートで通知&消費電力を…

    「家を出るときにテレビのスイッチを消し忘れたような気がする…」、「家に残っている子どもたちが電気を無…

  3. Lily Camera|先行予約販売で約40億円を獲得。 自動追…

    アメリカのスタートアップ企業Lily Robotics社が開発し、予約販売だけで約40億円の注文を獲…

  4. Skybuds|iPhoneケースに充電器&ワイヤレスイヤホンを…

    「毎日音楽を楽しみたいけど、コードが絡むのが面倒くさい」、「動画や音楽を再生しているとバッテリー消費…

  5. R-7 Smart Glasses|Snapdragonを搭載し…

    アメリカのエレクトロニクス企業Osterhout Design Group(ODG)が開発したのが、…

  6. 「眠りの質」をスコア表示&アドバイスも提供。 スマートフォンアプ…

    「Sense」は、米サンフランシスコに本拠を置くベンチャー企業 Hello Inc.が開発した最先端…

  7. 赤ちゃんの癖を学習して、目覚める時間を予測。 忙しい育児をサポー…

    「Sproutling Baby Monitor」は、赤ちゃんの足首にベルト型のデバイスを巻くことで…

  8. 年間200億円にのぼる害獣被害の対策にIoTを活用。富士通「広域…

    最近、シカやサルに畑が荒らされたり、人がイノシシに襲われたりといったニュースを頻繁に耳にします。農林…

PICKUP

PAGE TOP