menu

3種類のインストリーム広告。それぞれの特徴を解説

広告

動画広告のなかでも最も多く利用されているのが、動画本編に広告を挿入するインストリーム広告です。サイバーエージェントが2014年に行った動画広告に関するリサーチでも、動画広告全体に占めるインストリーム広告のシェアは約80%にのぼり、今後も継続的に拡大していくと予想されています。

インストリーム広告というと、動画の冒頭で再生され、数秒でスキップできる「プレロール広告」を思い浮かべる方も多いかもしれませんが、それに加えて動画の途中で再生される「ミッドロール広告」、最後で再生される「エンドロール広告」という形式もあります。それぞれの特徴についてご紹介します。

プレロール広告
YouTubeの広告サービス「TrueView」でもおなじみのプレロール広告。そのメリットは、やはり動画を再生したすべての人に対して広告を見せられること。数秒間でスキップされる可能性を踏まえると動画の構成を工夫する必要はありますが、消費者の注意喚起やブランドの認知度アップには非常に効果的な形式の1つです。現在利用されているインストリーム広告の大半がプレロール広告です。

ミッドロール広告
冒頭に挿入されるプレロール広告に対して、動画の途中に挿入されるのがミッドロール広告です。近年非常に注目を集めている形式で、動画配信プラットフォームを提供するアメリカ・カリフォルニア州のOoyala社によれば、2016年4月の段階でミッドロール広告のシェアはインストリーム広告全体の33%まで拡大しています。

エンドロール広告
動画の最後に挿入されるエンドロール広告。プレロール広告やミッドロール広告と比べると利用数こそ少ないものの、動画本編の内容で商材・サービスに興味を持ったユーザーを自社のWebサイトなどに誘導するには効果的な手法です。

本編が修了した時点でユーザーを離脱させないためには、本編との関連性の大切。あまりにも広告色の強い内容だと嫌悪感を持たれやすいので、本編の終盤とストーリ上のつながりを持たせたり、同じ人物やキャラクターを登場させたりするのもいいでしょう。さらにランディングページの構成にも本編・広告との連動性を持たせられれば、より強いブランドメッセージになるのではないでしょうか。

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

Sengled Snap|コンパクトな本体にHDカメラ、ナイトビジョンを搭載。 Wi-Fi対応型スマートLEDライト

リスティング広告におけるロングテール戦略(後編)

関連記事

  1. 癒し系のBGMは離脱を招く? 動画広告の勝ちパターン(後編)

    Googleは2012年1月~2014年2月にかけて16か国・11業種にわたるYouTubeのTru…

  2. YAMAHAの動画プロモーションに学ぶ動画活用のヒント

    アノテーションやターゲティング設定といったオプション機能の特性を活かすことによって「True Vie…

  3. Web広告の効果に影響を与える3つの外部要因

    リスティング広告やSNS広告をはじめとしたWeb広告の運用を続けていると、天気、経済といった外部要因…

  4. リターゲティング広告におけるフリークエンシーキャップ活用法

    見込み顧客の囲い込みやリピーター獲得を目的として、GoogleやFacebookのリターゲティング広…

  5. Facebook広告制作の3つの鉄則

    Facebook広告の効果を高めるためには、ターゲティング設定とあわせてクリエイティブも大切になって…

  6. 掲載枠の幅を広げ、広告効果を最適化する「DSP」

    ディスプレイ広告を利用するにあたり、選択肢の1つとして知っておきたいのが、広告枠の購入や入札を自動で…

  7. もう一度見直したい、SNS広告のランディングページ(前編)

    ICT総研のリサーチによると、2016年年末時点の日本国内におけるSNS利用者は約6872万人。企業…

  8. 広告のレポーティングや資料作成に役立つGoogle chrome…

    リソースが限られる中小規模の企業では、広告担当者1人複数の広告アカウントを運用・管理しているケースが…

PICKUP

PAGE TOP