menu

カゴ落ちの理由の第1位は?WorldPay社のリサーチに見る原因と対策

EC

商品をショッピングカートに追加したものの、結局購入せずページから離脱してしまう「カゴ落ち」。あるリサーチ結果によれば、世界中のECサイトにおけるカゴ落ち(ショッピングカート放棄率)は70%前後になるとされ、ECサイト運営に取り組むうえでは絶対に避けて通れない課題の1つです。

ユーザーが一度手にした商品を手放してしまうにはどんな原因があり、どのような対策が考えられるのでしょうか。イギリスのWorldPay社が行なったリサーチの結果を元に探っていきます。

カゴ落ちの56%は「予想外の費用が提示されたこと」

WorldPay社はイギリスに本拠を置き、世界11か国に25の拠点を展開するグローバル企業。オンライン決済や通貨処理、非接触決済といった決済処理のソリューションでは世界トップクラスのシェアを誇ります。

WorldPay社は「Global Online Shopper Report」というECサイト利用に関するレポートのなかで、世界各国の1万9000人のユーザーを対象に行われた、ECサイトにおけるショッピングカート放棄の理由のアンケート結果を報告しています。

その結果、全体の56%を占めてカゴ落ちの理由第1位となったのは、「想定外の費用が提示されたこと」。やはり世界的に見ても、購入ステップで初めて提示される決済手数料や送料が購入のボトルネックになっているケースが多いようです。

たしかに、Amazonをはじめとした大手ECモールでも、決済手数料や送料を含めた最終的な金額は、入力フォームの最終ステップまで到達して初めて提示されることが多く、「ここまできて騙された‥」と感じるユーザーも多いかもしれません。

また、あらかじめ購入予算を決めている人なら手数料などが加算されることで予算オーバーになってしまうこともあるでしょうし、安価な商品ほど送料を割高に感じ、最終的な購入を取りやめるケースもあるでしょう。

これを防ぐためには、やはり購入ステップ以前の商品ページなどでコストを明示するのが欠かせません。商品ページの他のコンテンツなどとの兼ね合いで難しい場合は、店舗のトップページでプライバシーポリシーなどとあわせて掲載するのも1つです。

参考になるのは、楽天市場のお餅ランキング1位を獲得している「おぢか屋」。トップページの下半分を支払いや配送の説明に充て、ユーザーの安心感を高めています。

おぢか屋

小野 良勝

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

renewal08Web担当者なら知っておきたい、今注目の3つのWebデザイントレンド

Sengled_PulseSengled Pulse|スマホで部屋の明かりをコントロール&高音質な音楽再生。 Bluetooth連携のスマートLEDライト

関連記事

  1. 【8】EC

    最小限のリスクで販売体制を整える、Web卸仕入れサービスの活用

    価格設定や販売戦略と並んで、商品の仕入れもECサイトの運営において大きなウェイトを占める要素です。商…

  2. ec03

    クーポン訴求がカゴ落ちを招く?決済ステップを完結させるための2つ…

    取り扱う商材やショップの規模を問わず、ECサイトを運営していくうえでは避けて通ることができないのが、…

  3. ec04

    Google「商品リスト広告」を利用する際の3つの注意点と活用の…

    ショッピングを目的としたユーザーにダイレクトに訴求することによって、CPA(獲得1件あたりの費用)を…

  4. ECサイトを安全かつ継続的に運用するための「守り」の施策

    ECサイトを安全かつ継続的に運用するための「守り」の施策

    明確な戦略にもとづいたコンセプト設計と価格設定、さらには2ステップマーケティングなどを活用したPDC…

  5. ec03

    ECサイトの集客の基本。Google「商品リスト広告」のメリット…

    商品名、価格、説明文といったデータフィード(商品の管理情報)を登録することよって、Googleの通常…

  6. ec02

    やっとたどり着いたら売り切れ‥。ECサイトにおける縦長ランディン…

    多くのECサイトで見られる縦長のランディングページは情報量の多さゆえに購買行動を妨げ、運用面でもデメ…

  7. 独自のサービス&ブランディングを展開可能。ファンも醸成しやすい自社ECサイト

    独自のサービス&ブランディングを展開可能。ファンも醸成しやすい自…

    ネットビジネスを始めるにあたって有効な選択肢となる大手ECモールへの出店。比較的少ない初期費用でEC…

  8. ec03

    アリババと連携し、1700万の「いいね!」を獲得。「Tokyo …

    越境ECで大きな成功を収めている国内企業の1つが、アニメのキャラクターグッズなど、日本のポップカルチ…

PICKUP

  1. 検索エンジンをロボットと思ってはいけません
  2. pawtrack
  3. SEO対策ほど変化の激しい業種はめずらしいものです
  4. renewal06
  5. beacon02
  1. 次世代のビジネスチャンスを拓くVR&AR活用術 
  2. Webサービスで攻めるためのマーケティング視点
  3. Webサイトのリニューアルのメリット&デメリット
  4. ad06
  5. WebDirector02
  6. ec06
  7. ec02
  8. 企業のポジションとPRの方向性を明確にする「競争地位理論」
  9. あなたのWebサイトの目標は
PAGE TOP