menu

ニッチなキーワードで検索上位を狙う。ロングテールSEOの特徴・仕組みについて

SEO

Googleのパンダ・アップデートなどによって検索エンジンのアルゴリズムはより複雑になり、短期間でSEO効果をあげるのは非常に難しくなりつつあります。とりわけ検索ボリュームの大きいビッグワードで検索上位を獲得するのは難しく、効果をあげようと焦るあまり、不正な外部リンクを設置したりしてペナルティを受けるケースがいまだに少なくありません。

そうしたなか効果的な方法の1つにロングテールSEOがあります。Webマーケティング系のメディアでも紹介されることが多いので目にしたことがあるかもしれません。ロングテールSEOの特徴とメリットについてご紹介します。

ロングテールSEOとは

ロングテールSEOとは、商品やサービスの軸となるキーワードを設定し、そこから連想されるニッチなキーワード(ロングテールキーワード)を決めたうえで、それぞれと関連性の高いコンテンツを増やし、ユーザーの評価を高めながら検索上位獲得を目指す手法です。

例えば、美容・ヘルスケア関連の商品・サービスを販売する企業なら、「美容」、「ダイエット」といったキーワードを軸として設定。そこから連想される「洗顔」、「チーク」、「日焼け止め」、「ヨガ」、「朝食レシピ」といったロングテールキーワードを洗い出し、各キーワードに沿ってコンテンツを制作・公開していくことで、ユーザーの評価を集めることが期待できます。

こうしたロングテールキーワードは単体での検索ボリュームこそ少ないものの、積み重ねることによって莫大な効果を発揮します。あるネット企業の調査によれば、一般的なWebページのアクセス数の約80%がロングテールキーワードからの流入によって占められているといいます。

ロングテールSEOの特徴

単体での検索ボリュームが小さいロングテールキーワードは、どのような仕組みでSEO効果につながるのでしょうか? ポイントになるのは、コンテンツの質とページの内部構造です。

ロングテールキーワードに相応するコンテンツを読んだユーザーが「面白い」、「役に立つ」と感じ、リンクを貼ると、そこから検索エンジンのクローラーが流入し、ページを解析します。この時点で、正しいURLの記述やパンくずリストなど適切な内部SEO対策が施されていれば、クローラーはさらに上層のカテゴリーページやトップページまで回遊してWebサイト全体を評価。ページの検索順位が上がるとともにトラフィックが増大することによって、さらに個々のコンテンツが閲覧・評価されやすくなるという相乗効果をもたらします。

小野 良勝

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

listing03リスティング広告におけるロングテール戦略(後編)

WebDirector17Webサイトの完成度を高める、バナー&各種パーツのギャラリーサイト4選

関連記事

  1. 【SEO】 軸&優先順位がキーとなる「対策キーワード選定」のポイント

    軸&優先順位がキーとなる「対策キーワード選定」のポイント

    リスティング広告運用をはじめとするSEMと同様に、SEOにおいても的確なキーワードの選定が改善に向け…

  2. 【SEO】 具体的な対策の起点となる「対策キーワード選定」

    具体的な対策の起点となる「対策キーワード選定」

    自社サイトの検索順位を上げるためには「ユーザーの評価=検索エンジンの評価」というポイントを正しく理解…

  3. コンテンツで評価されるためにチェックしておきたいポイント

    コンテンツで評価されるためにチェックしておきたいポイント

    SEOのトレンドは、タグやディスクリプションの細かい改善を重ねるアプローチから、コンテンツの質を改善…

  4. Webページの「顔」となるタイトルタグの決め方

    Webページの「顔」となるタイトルタグの決め方

    Webサイト上でページを作る際に必ず設定する必要があるのが、そのページを紹介するタイトルタグです。S…

  5. SEO対策ほど変化の激しい業種はめずらしいものです

    SEO対策ほど変化の激しい業種はめずらしいものです

    SEO対策ほど変化の激しい業種はめずらしいものです。この状況で競合するサイトに勝ち続けるには計画が最…

  6. 【SEO】 ページ評価の分散を防ぐ正規URLの活用

    ページ評価の分散を防ぐ正規URLの活用

    SEOにおいて、URLはオペレーションにともなう工数との兼ね合いを見て決めるのが無駄なコストを防ぐう…

  7. seo09

    コンテンツの公開だけでは不十分?拡散に使いたい3つの手法

    コンテンツSEOではコンテンツの質を高めることとあわせて、公開したコンテンツの拡散も大切です。時間と…

  8. seo08

    他社に先行して商品ページを公開→アクセス数約860%UP。pho…

    SEO対策では、人気の高いキーワードほど競合も多くなり、検索上位を獲得するのが難しくなります。また、…

PICKUP

  1. web06
  2. 【3】Lockitron_Bolt
  3. 【SEO】 軸&優先順位がキーとなる「対策キーワード選定」のポイント
  4. KGIを因数分解することによって明確になるKPI設定
  5. Webサイトの配色に取り入れたい「70・25・5の法則」
  1. marketing03
  2. ひと目で分かるコンテンツが成果を分ける「Facebook広告」
  3. 【SEO】 ページ評価の分散を防ぐ正規URLの活用
  4. 引用タグblockquoteに隠されたヒント
  5. 【SEO】 軸&優先順位がキーとなる「対策キーワード選定」のポイント
  6. googleAnalytics
  7. renewal07
  8. クリック率をアップさせるmeta-description最適化のヒント
  9. SKULLY_AR-1
PAGE TOP