menu

想定外の予算オーバーを防ぐ、Yahoo! プロモーション広告「媒体申請予算」活用法

リスティング広告

リスティング広告の予算管理は、まず数万円程度の少額予算からスタートし、広告文やキーワードの効果を見ながらキャンペーンごとの日予算を設定していくのが正攻法。ただし、ここで1点注意しておきたいのは、設定した日予算を超えて課金が発生するケースがあるということです。

あまり知られていないかもしれませんが、Google AdWords、Yahoo! プロモーション広告ともに、日予算はあくまで「目安」。絶対的なリミッターではありません。実際の運用では、日予算に20%程度上乗せされた請求額になることも多く、長期的に見るとその積み重ねによって想定以上に予算が消化されてしまうこともあります。

Yahoo! プロモーション広告の場合、キャンペーン別の日予算設定とは別に、トータルな予算の上限を設定できる機能が提供されています。より綿密に予算管理を行いたい場合は、この機能を使ってみるのがおすすめです。

Yahoo! プロモーション広告 「媒体申請予算」

Yahoo! プロモーション広告で提供されている「媒体申請予算」は、1つのアカウントの1ヶ月の上限予算を設定できる機能。これを使えば、仮に日予算が超過してしまったとしても、1ヶ月間トータルの予算でリミッターがかかり、設定額以上にクリック課金されることはありません。使い方は非常に簡単です。

まずキャンペーン管理タブから、「アカウント予算」の「変更」をクリック。次の画面で「月額予算」を入力し、確認画面で「決定」を押すだけで、設定が完了します。

「媒体別申請予算」は、設定額を超えた課金を必ず押さえられる反面、クリックが集中して予算が消化されると、上限に達した時点で広告配信がストップします。予算の消化を抑制するうえでは効果的な機能ですが、季節ごとのイベントや繁忙期などはこの上限設定で機会損失につながってしまうこともあるので、こまめに金額を確認・調整した方がいいでしょう。

またGoogle AdWordsの場合、こうした上限金額を設定できる機能はないのですが、リスティング広告やリマーケティング広告のキャンペーンを1つにまとめ、一元的に予算管理できる「共有予算」という機能があります。「利用している広告サービスやキャンペーンが多くて、全体の予算が管理しづらい‥」という場合はこちらの機能もおすすめです。

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

平均視聴率90%。ミッドロール広告の特徴とYouTubeでの使い方

ロングテールSEOにおけるキーワードの選定とコンテンツ制作のコツ

関連記事

  1. より多角的なアプローチを実現するキーワードアドバイスツール

    リスティング広告運用の基本ともいえるキーワードの選定と広告文の改善。そのアプローチの可能性をさらに広…

  2. 検索クエリ活用によるコスト削減&マッチング向上

    ユーザーの等身大のニーズとも言える検索クエリを分析することは、広告サービス運用の枠を超えてWebマー…

  3. サービス開始から約14年。変化し続けるリスティング広告の「今」(…

    2002年のサービス開始以来、Webサイトへの重要な集客手段として多くの企業に利用されているリスティ…

  4. リスティング広告の費用対効果を高めるため、もう一度見直しておきた…

    一般的にリスティング広告は費用対効果の高い広告サービスと言われています。ただ、どんなに綿密に効果測定…

  5. CVRに勝る付加価値とは?キーワードレポートの落とし穴とコンバー…

    リスティング広告運用の大切な指標の1つが、キーワードの費用対効果です。費用対効果を上げるため、キーワ…

  6. ユーザーの行動ニーズに応えるランディングページ作成

    広告文の工夫と同様にユーザーのニーズに沿ったランディングページを作成することも、Webマーケティング…

  7. 「軸」の発見が新たなビジネスチャンスをもたらす、リスティング広告…

    長年リスティング広告の運用を続けていると、効果の高いキーワードと頭打ちのキーワードの違いが明確になっ…

  8. 運用パートナーの活用&「3C分析」

    低コストで手軽に利用でき、自由度も高い広告サービスながら、狙い通りの効果をあげていくためには相応の試…

PICKUP

PAGE TOP