menu

業界別に見るドローン動画のWebコンテンツ活用事例(1)

リニューアル

ドローンの登場によって空撮はとても身近な表現方法になりました。ドローンを使って撮影を行うためには国土交通省への申請が必要にはなるものの、ヘリコプターや大型クレーンの手配が必要だった時代と比べれば、コストの面でも手間の面でも大きくハードルが下がっています。あるリサーチ結果によればドローンの市場規模は2020年までに約1140億円に達する見込みです。

そうしたなか、Webマーケティングの世界でもドローンで撮影した映像を自社サイトやYouTubeで動画コンテンツとして配信する事例が増え始めています。

観光・レジャー分野

アラブ首長国連邦の大手航空会社エミレーツ航空は、ボーイング社とのコラボレーションによって世界各国の観光地を紹介するドローン動画をYouTubeで公開。マーケティイング施策として一定の成果をあげています。

日本を紹介する動画では、空から仏閣や滝に接近したり、神社の鳥居をくぐったり、小型のドローンならではの工夫が取り入れられ、美しい音楽とあわせて日本各地の観光名所を紹介。YouTubeでは再生回数32万回以上を記録しました。

ドローン撮影というとコストや手軽さに目がいきがちですが、橋の橋脚や山間部などドローンでしか撮影できない場所もたくさんあります。また、見慣れた風景がドローンの臨場感のある映像によってひと味違った姿を見せることもあります。

そうした特性が存分に活かされたこのコンテンツは、ドローンと相性が良いと言われる観光・レジャー分野での1つのモデルになるのではないでしょうか。

View from Above- Japan

ソフトウェア開発分野

ドローンによる空撮は屋外に限ったものではありません。業務用ソフトウェア「Kingsoft Office」の開発・販売を手掛けるKINGSOFTは、2017年度の新卒採用サイトのコンテンツとして、自社のオフィス風景を紹介するドローン動画を取り入れ、話題を呼びました。

社員の「私がこの会社で働く理由は‥」という社員の言葉からスタートする1分54秒の動画では、会議室やオフィス、カフェテリアの様子をドローンの空撮で紹介。会議室のプロジェクターやPCのディスプレイに映った映像が次の場面へのカットにつなぎ目になるという工夫も施され、実際にオフィスを訪れたような感覚を味わえます。

KINGSOFT Recruit 2017

リニューアルに関するご依頼、ご相談、お見積はこちら

小野 良勝

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

制作メンバーの進捗管理や効果測定をよりスムーズに行える「Googleスプレッドシート」

都道府県別のECサイトの利用傾向。スマホ利用率第1位は意外にも‥

関連記事

  1. リニューアルによるアクセス数低下を防ぐための対応策

    リニューアルの成否を分けるポイントは、事前の情報設計や準備段階にあるといっても過言ではありません。事…

  2. YouTube内の検索数が年間70%アップ。How to 動画制…

    近年、Webサイトにおける動画の1つのトレンドになっているのが、商品の使い方や利用シーンを説明するH…

  3. 行動心理学でCVRを向上させる。Web担当者が知っておきたい3つ…

    日々Webサイトの改善に取り組むなか、「狙い通りのCVRになかなか到達しない」、「商品の魅力が本当に…

  4. Webサイトにおけるエモーショナル・ブランディング。ユーザーの感…

    Webサイトの完成度を高めるうえでは機能や利便性も大切ですが、その一方でユーザーに与える感情や印象・…

  5. サービス開始から約14年。変化し続けるリスティング広告の「今」(…

    GoogleとOverture(現Yahoo! リスティング広告)のサービス開始から約14年が経った…

  6. 画像編集ソフトが苦手な方も安心。手軽なシネマグラフ作成ツール3選…

    画像の一部にピンポイントな動きを加えることによってアクセントをつけ、アイキャッチ効果を高めることがで…

  7. Webサイトの運用で起こりがちな3つのトラブル&対応方法について…

    Webサイトのデザインや機能はもちろん大切ですが、それ以上に大切なのが運用保守です。高い予算をかけて…

  8. ゴールはあくまでKGI。KPI設定において見落としがちなポイント…

    事前の情報設計が成功へのキーポイントとなるWebサイトのリニューアル。とりわけKGI、KPI、CSF…

PICKUP

PAGE TOP