menu

Macユーザーは注目。日常業務を効率化できる4つのMac専用アプリ

リニューアル

日常的な業務用PCとしてMacを使っている方が増えてきているのではないでしょうか。以前のMacは映像編集やデザインになどを目的に使われることが多く、Windowsに比べると映像作家やデザイナーといったクリエイター寄りの色合いが強い端末でした。

それに対して最近では、iPhoneをはじめとした他のiOS機器の普及にともなって、請求管理やスケジュール管理に活用できるアプリも続々リリースされ、バックオフィス系の業務でも充分使えるようになりました。Macユーザーなら知っておきたい、おすすめのアプリをご紹介します。

Transmit
ドラッグ&ドロップでサーバーにファイルを転送できるアプリです。スムーズな動作が特徴で、以前のバージョンに比べると最大で25倍速の転送スピードを実現。複数のサーバーに接続していても、ストレスを感じることなく動作します。Web制作やリニューアルにともなう画像素材やモックアップ、請求書などのバックアップにはおすすめのツールです。

JPEG mini
iPhoneのカメラなどで撮影した写真を約1/5の容量に圧縮してできるアプリです。パノラマ画像を含む最大28メガピクセルまでの写真に対応しており、オリジナルの解像度とフォーマットを崩すことなく保存することが可能。さらにFacebookとTwitterへの共有機能も付いています。

オンラインショップの運営でたくさんの商品画像の管理が必要な場合や、SNSの素材管理にはぜひ使ってみたいアプリです。サーバーの容量を大きく節約できるため、日常業務で共有サーバーを使っている会社ならコスト削減にもつながるでしょう。

Billings
Mac、iPhone、iPadそれぞれに対応している見積書・請求書作成アプリです。テンプレートを選択して必要な情報を入力するだけで、わずか数分で見積書や請求書を作成することができます。

オウンドメディア運営のために外部のフォトグラファーやライターなどとやりとりする機会が多い場合は便利かもしれません。

mi
Mac専用のテキストエディタです。日本語にも対応したシンプルなインターフェイスが特徴で、検索やソート、分割表示、タブ表示といった便利な機能が揃っています。また、CやHTMLなどプログラム言語にあわせて文法やマクロなどの機能をカスタマイズすることが可能です。

リニューアルに関するご依頼、ご相談、お見積はこちら

小野 良勝

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

クライアントを納得させるWebデザイン制作&プレゼンのコツ_前編

今さら聞けない、ECサイトのオムニチャネル戦略とは?

関連記事

  1. あなたの会社のWebサイトは大丈夫? Webサイト改ざんのリスク…

    JPCERTコーディネーションセンターの調査によると、2015年に起きたWebサイト改ざんの被害は2…

  2. 絞り過ぎず、仮説を立てる。具体的な施策を決める「CSF設定」

    Webサイトをリニューアルする目的を具体的な数値に落とし込んでKGIを設定したら、次に取り組んでおき…

  3. CV到達率によって方向性を見定める。「Google アナリティク…

    「Google アナリティクス」を用いた定量データによる現状把握・分析では、全体のセッション数をベー…

  4. WordPressのプラグインや「Googleアナリティクス」を…

    「Webサイトをリニューアルしたら何故かアクセス数が減ってしまった‥」、「リニューアルする前の方が集…

  5. Webサイトをリニューアルする前に要チェック。CRO(コンバージ…

    オウンドメディアやECサイトを運営する企業では、LPO(ランディングページ最適化)に重点を置いて運用…

  6. リニューアルをスムーズに進め、運用にもメリットをもたらすデッドラ…

    Webサイトのリニューアルは社内外問わず多くの人が携わるプロジェクトです。リニューアルの要件を制作会…

  7. WebサイトのABテストを行う前に必ずやっておきたい3つの準備

    Webサイトの制作・リニューアルに欠かせないのがABテストです。効果測定データをもとに積み重ねてきた…

  8. 位置が変われば再生率は2倍以上。Wista社のリサーチに見るWe…

    ますます身近なものになりつつある動画コンテンツ。最近では再生回数や視聴時間に加えて、「好感度」や「印…

PICKUP

PAGE TOP