menu

画像編集ソフトが苦手な方も安心。手軽なシネマグラフ作成ツール3選

リニューアル

画像の一部にピンポイントな動きを加えることによってアクセントをつけ、アイキャッチ効果を高めることができるシネマグラフ。飲食関連、ファッション・ライフスタイル、自動車関連など幅広い業界のWebサイトに取り入れられ、広告やSNSでの活用事例も目立つようになってきました。

シネマグラフを作成する場合、Photoshopをはじめとした画像編集ソフトのほか、Web上で提供されているシネマグラフ専用の編集ツールやスマートフォンアプリを利用するのも1つの方法です。特に画像編集ソフトのスキルに自信のない方や、普段SNS用の動画をスマホで編集している方などは、そうした専用ツールやアプリの方が使いやすいかもしれません。

motiongraph
SONYが提供しているAndroid用のシネマグラフ作成アプリです(Android2.3以降対応)。このアプリ1つで動画の撮影から編集までトータルにサポートしています。露出やホワイトバランスの補正、手ブレ軽減機能に加えて、ループの逆回転再生など多彩な機能が付いているので、初めてシネマグラフを作成する方はもちろん、ひと味違った印象を与えたい場合などにも便利です。

Cliplets
Microsoftが提供しているPC向けのシネマグラフ作成ツールが「Cliplets」です(Windows7以降対応)。10秒以内の動画なら動画全体をシネマグラフの素材として使うことができます。アプリと比べるとUI自体はPhotoshopに近いツールですが、操作はいたってシンプル。動画の読み込み後、動きを出す部分と背景(静止画)をそれぞれ指定するだけでシネマグラフにすることができます。

DailyCinema
iPhone向けのシネマブラフ作成アプリです(iOS8.0以降対応)。カメラロールの動画をベースにペン操作で手軽にシネマグラフを作成できる一方、クラシックなテイストのエフェクトなど編集機能も充実しています。FacebookやInstagramへの投稿もワンタッチで行えるので、SNSの施策としてシネマグラフを使いたい方には便利なツールです。

リニューアルに関するご依頼、ご相談、お見積はこちら

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

SNSとも相性抜群。心理テスト系コンテンツの3つの特徴・効果とは?

コンテンツSEOはどのように生まれたか?SEOと検索エンジンの歴史(前編)

関連記事

  1. KGIを因数分解することによって明確になるKPI設定

    Webサイトのリニューアルの目標(KGI)を達成するために欠かせないCSF(Critical Suc…

  2. 目に見えない部分こそ大事?開発費と検証費用~Webサイトの制作費…

    Webサイト制作はディレクションとデザインだけでは終わりません。ユーザーが快適に閲覧できるよう配慮さ…

  3. ゴールはあくまでKGI。KPI設定において見落としがちなポイント…

    事前の情報設計が成功へのキーポイントとなるWebサイトのリニューアル。とりわけKGI、KPI、CSF…

  4. モックアップ作成も自分でできる、便利なWeb制作ツール3選

    WordPressやオンライン上の画像編集ソフトなどさまざまなツールが普及し、Webサイトの制作・リ…

  5. 業界別に見るドローン動画のWebコンテンツ活用事例(2)

    自社のWebサイトに動画コンテンツを取り入れる企業が増えていますが、既存の動画コンテンツに物足りなさ…

  6. Webサイトの価値をキープするために、パートナー企業に委託したい…

    Webサイトはリリースしてからが本当の勝負になりますが、常にフレッシュな情報を発信してWebサイトの…

  7. Webサイトとあわせて注目したい、制作会社選びの意外なポイント

    制作会社選びで失敗しないためには、制作会社自身のWebサイトとあわせて、制作会社からの連絡手段や対応…

  8. ユーザーの行動をサーモグラフィのように可視化できるヒートマップ

    セッション数やコンバージョン数など、実際のユーザーの行動にもとづいた数値によって自社のWebサイトの…

PICKUP

PAGE TOP