menu

ユーザーに新鮮な驚きを与え、想像力を掻き立てる「シネマグラフ」とは?

リニューアル

Webサイトのアイキャッチ効果を高める方法の1つとして最近注目を浴びているのが「シネマグラフ」です。シネマグラフとは、GIFアニメーションや動画と静止画の組み合わせによって、被写体の一部だけ動く加工を施した画像のこと。

大手企業のプロモーションサイトなどで写真の人物がまばたきをしたり、足や髪の毛だけが動いたり、ビールジョッキの水滴がゆっくり流れ落ちたりする写真を見かけたことがある方もいらっしゃるかもしれません。それらもシネマグラフの1つです。

シネマグラフはインタラクティブコンテンツなどに比べればシンプルな手法ながら、ユーザーにサプライズを与え、想像力を掻き立てることができます。Webサイトのリニューアルやコンテンツの見直しを考えている場合、取り入れてみるのも面白いかもしれません。

シネマグラフの仕組みと特徴

シネマグラフやPhotoshopや専用ツールを使って作成することができます。いずれも基本的な仕組みは、ベースの動画のなかから1コマ(静止画)を選び、動きを出したい部分にだけ穴を開けて、それを元の動画の上に重ねるというもの。

そのうえで動画をループ再生させると、穴の開いた部分だけ映像が切り替わります。Photoshopのレイヤー加工や、簡単な動画編集をしたことがある方ならそれほど難しい作業ではありません。

シネマグラフは動きの激しい動画に比べて落ち着いた印象を与え、音やみずみずしさなどを連想させることができます。あるWebサイトでは、シネマグラフによって通常の画像の約5.7倍のCTR(クリック率)を記録した事例もあります。

シネマグラフの活用方法

まず効果を発揮するのが広告です。例えばクリエイティブの面で他社との違いを打ち出すのが難しいディスプレイ広告も、シネマグラフを使えばユーザーに驚きと新鮮さを与えることができます。同じように動きや変化をつけにくいメールマガジンや、SNS広告に使ってみるのも面白いでしょう。FacebookやInstagramといったSNSも、広告へのシネマグラフ利用を推奨していると言われています。

さらにコンテンツマーケティングにおけるブログなどに使うのも1つ。何気なく訪れたWebサイトで写真の女性が突然まばたきしたら‥気になって思わずその先を読みたくなりませんか?

リニューアルに関するご依頼、ご相談、お見積はこちら

小野 良勝

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

Webサイトのプランニングに活用できる「マインドマップ」(前編)

VRによって救われた命。外科手術でのGoogle Cardboard活用事例

関連記事

  1. 業界別に見るWebサイトのシネマグラフ活用事例

    GIFアニメーションや動画と静止画の組み合わせによって、被写体の一部だけに動きを与えるシネマグラフ。…

  2. リニューアルによるアクセス数低下を防ぐための対応策

    リニューアルの成否を分けるポイントは、事前の情報設計や準備段階にあるといっても過言ではありません。事…

  3. YouTube内の検索数が年間70%アップ。How to 動画制…

    近年、Webサイトにおける動画の1つのトレンドになっているのが、商品の使い方や利用シーンを説明するH…

  4. Webサイトにおけるユーザーの視線の動きを知る(2)

    同じ内容の記事や画像でもレイアウトが違えば見る人の印象は大きく変わってきます。Webサイトの制作やリ…

  5. WebサイトのABテストを行う前に必ずやっておきたい3つの準備

    Webサイトの制作・リニューアルに欠かせないのがABテストです。効果測定データをもとに積み重ねてきた…

  6. CV到達率によって方向性を見定める。「Google アナリティク…

    「Google アナリティクス」を用いた定量データによる現状把握・分析では、全体のセッション数をベー…

  7. 画像編集ソフトが苦手な方も安心。手軽なシネマグラフ作成ツール3選…

    画像の一部にピンポイントな動きを加えることによってアクセントをつけ、アイキャッチ効果を高めることがで…

  8. ユーザビリティの高い再生方法&ナビゲーションとは?動画コンテンツ…

    オウンドメディアやコーポレートサイトなどで動画を配信する場合、尺や表示サイズ、掲載位置などとあわせて…

PICKUP

PAGE TOP