menu

Webサイトにひと味加えたい時に役立つ、イラスト&ピクトグラム素材サイト3選

制作

一般的にWebサイトに掲載する写真は具体性や専門性が大切と言われています。たしかに企業のオウンドメディアなら外国人モデルの画像より実際の社員の写真、カタログの杓子定規な商品画像よりは利用シーンの方が見る人に温度感も伝わり、訴求効果が高まるでしょう。

ただWebサイト制作のたびにフォトグラファーを手配してすべての画像を撮り下ろすのは、予算・スケジュールの面でも現実的ではありません。代わりにフリー素材を利用すれば、一定のクオリティこそ確保されるものの、競合との差別化は難しくなります。

そうした場合、イラストやアイコンに目を向けてみるのも1つの方法です。手軽に利用できる無料ダウンロードサイトのなかには、写真と比べて具体性こそ欠けるものの、ユニークな素材も多数あります。使い方次第ではより多くのユーザーの目を惹きつけることができるかもしれません。

・ヒューマンピクトグラム2.0
ピクトグラムは、1964年の東京オリンピックに先立って日本で生み出された表現手法の1つ。選手村や競技会場で外国人に向けてシャワールームやレストランの場所を案内するために専任のデザインチームによって開発され、その後、非常口や公衆トイレの案内板でおなじみの存在になりました。

「ヒューマンピクトグラム2.0」では、約1000種類のピクトグラムが公開されています。「食事」、「入社」といったオーソドックスな素材から、「ドロップアウト」、「ちゃぶ台返し」といったユニークなものまで多種多様に揃えられているので、ブログメディアのコンテンツやクライアント向けの資料など、用途・目的に合わせて使い分けられます。

・イラストAC
メールアドレスを登録するだけで利用することのできる無料イラスト素材のダウンロードサイトです。約3万点のイラストが投稿されており、「生活」、「ビジネス」、「医療/福祉」といったカテゴリに加えて、イラストレーター別や人気ランキングからも素材を選ぶことができます。イラストをリクエストできる機能も提供されており、無料イラスト素材のダウンロードサイトとしては国内トップクラスのユーザー数とアクセス数を誇ります。

・ストックマテリアル
ポップで可愛らしいテイストのイラストが揃っています。「インテリア/家具」、「イベント」、「電化製品/OA機器」といったカテゴリも用意されているので、特定のテーマに合わせた記事を配信しているブログメディアなどには向いているかもしれません。

Web制作に関するご依頼、ご相談、お見積はこちら

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

リッツ・カールトンに見る、インナーブランディングの成功事例

ユーザビリティの高い再生方法&ナビゲーションとは?動画コンテンツ制作のコツ

関連記事

  1. 観光や教育関連のサービスとも相性抜群のバーチャルリアリティ(VR…

    Youtubeなどの動画配信プラットフォームに加え、無料の動画素材や編集アプリなども身近になったいま…

  2. マンネリ化したWebデザインから脱却したい時は注目。心理学におけ…

    制作したWebページの効果が伸び悩んでいる時や、何となくマンネリ化した印象を拭えない時などは、行動心…

  3. Webディレクターが最低限知っておきたい著作権の3つのポイント

    昨年2015年に東京オリンピックのエンブレム問題が大きな騒動になったように、他人の作品を無断で流用し…

  4. 時間による変化やこだわりの制作過程を数十秒で見せる、タイムラプス…

    インフォグラフィックと並んで、よりスピーディーに分かりやすく情報を伝えるWebマーケティングの手法と…

  5. ユーザーを適切に導くCTAボタンの3つのパーツと、デザインのポイ…

    予約や購入の起点となるCTA(コール・トゥ・アクション)ボタンは、コンテンツや入力フォームと並んでW…

  6. 誰でも簡単にインフォグラフィックを作成できる無料ツール

    数値とイラスト、図形、グラフなどを組み合わせビジュアル化することによって、複雑な情報も直感的に伝える…

  7. EFO(入力フォーム最適化)に役立つ、無料で使えるjQueryプ…

    ECサイトだけでなく、会員登録やアンケート、問い合わせなど、多くのWebサイトに設置されている入力フ…

  8. 短時間で効果的なバナーを作成するために押さえておきたい3つのポイ…

    インターネット黎明期から業種・目的を問わずあらゆるWebサイトで使われてきたバナー。動画やSNSをは…

PICKUP

PAGE TOP