menu

検索エンジンに評価されるために。SEOライティングの2つのコツ_前編

SEO

「良い記事だと思って公開したのに、上位に表示されず、アクセス数も伸びない」、「検索エンジンの評価の基準が全くつかめない‥」。コンテンツマーケティングの一環としてSEOライティングに取り組むオウンドメディアの担当者のなかには、そんな悩みを抱える方も多いのではないでしょうか?

「検索上位を獲得するためには、コンテンツの内容が大事」とは言われるものの、それを形にするのは簡単なことではありません。Googleは検索エンジンのアルゴリズムを公開しておらず、クローラーの評価基準はその時々の状況によっても変わります。2015年11月頃には、それまで高く評価されていたまとめ系の記事を掲載するキュレーションメディアの検索順位が大きく低下したこともありました。

ただ、そうしたなかでも検索エンジンの評価を得るために最低限必要な要素は少なからず存在します。オウンドメディアの担当者なら知っておきたい、SEOライティングのポイントについてご紹介します。

・基本は「1コンテンツ1テーマ」
オウンドメディアの評価を上げるために記事のバリエーションは大切な要素ですが、1つの記事のなかに複数のテーマを盛り込んでしまうのは逆効果です。1つの記事のなかに複数のテーマがあると、検索エンジンのクローラーはどんな目的で公開された記事なのか判断しにくく、結果的に評価が下がってしまいます。記事を作成する際は必ず「1コンテンツ1テーマ」を心がけるようにしましょう。

・タイトルは28文字前後。対策キーワード挿入は必須
Googleの場合、記事のタイトルの文字数は28~32文字程度が上限とされています。ただ、現在ではデバイスやブラウザも多様化しているため、ユーザー環境によっては28文字でも一部の文字が表示されないケースがあります。そういった点で100%の正解はないのですが、タイトル切れを防ぐためにも、タイトルは可能な限り28文字前後にまとめるのが効果的かもしれません。

また、タイトルへの対策キーワード挿入は必須です。基本に思えるかもしれませんが、ユーザーの目を引こうとするあまり対策キーワードが抜け落ちているタイトルが多いのも事実。タイトルに対策キーワードを入れることはSEO効果に加えて、検索結果ページで視認性を高めるためにも欠かせません。

SEOに関するご依頼、ご相談、お見積はこちら

小野 良勝

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

何が「成功」なのかを見極める。ABテストの2つのポイント

SNSの拡散(バズ)を視覚化。今すぐ役立てたい効果測定ツール3選

関連記事

  1. 具体的な対策の起点となる「対策キーワード選定」

    自社サイトの検索順位を上げるためには「ユーザーの評価=検索エンジンの評価」というポイントを正しく理解…

  2. ページに見出しを立てるhタグは、柔軟な運用がポイント

    GoogleやYahoo!は「ユーザーに評価される」(ユーザーにとって有益になる)情報が提供されてい…

  3. 「売らない」ページが評価に結びつくコンテンツSEO

    タグ、ディスクリプション、被リンク数といったページ内部を構成する要素の改善は検索上位の獲得に効果をも…

  4. コンテンツSEOはどのように生まれたか?SEOと検索エンジンの歴…

    現在のSEOはコンテンツSEOが主流です。Webページ内のキーワードの数や被リンク数よりコンテンツそ…

  5. コンテンツSEOはどのように生まれたか?SEOと検索エンジンの歴…

    SEOについて正しく理解するには、その歴史に目を向けてみるのも1つの方法です。引き続きSEOと検索エ…

  6. 自社サイトの動画で検索上位を狙うための3つの原則

    近年大きな注目を集めている動画SEO。動画をより多くのユーザーに届けるためにはトラフィックの大きいY…

  7. 読まれるコンテンツとは?オーガニック検索での季節ネタの効果

    コンテンツSEOでは、企業が発信したいメッセージだけでなく、トレンドやユーザーに読まれやすいテーマに…

  8. 動画SEOにおける「字幕」の効果

    スマートフォンや動画チャンネルが普及にともない、多くの企業が取り組み始めている動画SEO。世界中で1…

PICKUP

PAGE TOP