menu

サービス開始から約14年。変化し続けるリスティング広告の「今」(3)

リニューアル

GoogleとOverture(現Yahoo! リスティング広告)のサービス開始から約14年が経った今も、Webサイトへの重要な集客アプローチとして存在感を見せているリスティング広告。

移り変わりの早いWebの世界でこれほど定着し、多くの企業に利用されている広告サービスは他にないかもしれません。Web広告の主戦場となりつつあるスマートフォン広告でも、リスティング広告の広告費はシェア1位となる約35%(約1750億円)を占めています。引き続き、変化し続けるリスティング広告の現状についてご紹介します。

・運用代行はクリック課金の20%が相場。運用支援ツールという選択肢も
リスティング広告では、運用を外部のSEM専門会社に委託することもできます。こうしたSEMの運用代行会社の料金はサービスの内容によっても変わってきますが、だいたいクリック課金額の20%が相場です。広告予算が少ない場合、月額の固定料金として請求されることもあります。

ただ、リスティング広告黎明期と大きく変わってきているのは、ノウハウやツールが広く公開されていること。リスティング広告のサービスが始まった頃は、キーワード運用は時間・手間のかかるExcelの手作業がベースで、効果的な手法もSEM運用代行会社だけのナレッジでした。

それに対して現在では、予算管理や効果想定も含めて多彩な機能がパッケージングされた運用支援ツールが多くのサイトで公開されています。なかには無料で利用でき、運用アドバイスなど高度な機能が実装されているものも少なくありません。

リスティング広告の運用におけるキーワード選定や効果測定は、自社のビジネスを見つめ直し、新たな商機を発見するきっかけにもなります。一定のリソースが確保できるなら、こうしたツールを導入して自社で運用してみるのも選択肢の1つです。

・広告サービス自体の機能が進化。ピンポイント施策やエリアマーケティングにも有効
Google AdwordsやYahoo! リスティングの機能自体も年々進化しています。現在では、時間帯・曜日別の配信設定に加えて、エリア別やデバイス別、Webサイトの訪問履歴など、多角的な軸でのターゲット設定&配信が可能です。広告というとどうしてもWebサイトの集客効果を包括的に上げる施策をイメージしがちですが、こうした機能を活用すれば、ごく少ない予算で短期間のピンポイント施策やエリアマーケティングの一環として利用することもできるでしょう。

リニューアルに関するご依頼、ご相談、お見積はこちら

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

Webページは第一印象が大事。レイアウトで最低限注意したい2つのポイント

安心して買い物ができるECサイトの条件。必ず押さえておきたい2つのポイント

関連記事

  1. 必要な数値だけを必要な切り口で確認。Google Analyti…

    コーポレートサイトやオウンドメディアを運営している企業のWeb担当者のなかには、効果測定ツールとして…

  2. ユーザーの行動をサーモグラフィのように可視化できるヒートマップ

    セッション数やコンバージョン数など、実際のユーザーの行動にもとづいた数値によって自社のWebサイトの…

  3. 「やだ…こんなにある…」Webサイトリニューアルで失敗する13の…

    Webサイトをリニューアルして心機一転するのは非常に気持ちいいですよね!ただし、リニューアルに成功す…

  4. モックアップ作成も自分でできる、便利なWeb制作ツール3選

    WordPressやオンライン上の画像編集ソフトなどさまざまなツールが普及し、Webサイトの制作・リ…

  5. Webサイトとあわせて注目したい、制作会社選びの意外なポイント

    制作会社選びで失敗しないためには、制作会社自身のWebサイトとあわせて、制作会社からの連絡手段や対応…

  6. Web制作/リニューアルの素材を効率的に管理できるオンラインツー…

    企業のコーポレートサイトなどをリニューアルする場合、社屋の外観写真や社内風景、商品画像といった素材は…

  7. Webサイトをリニューアルする前に要チェック。CRO(コンバージ…

    オウンドメディアやECサイトを運営する企業では、LPO(ランディングページ最適化)に重点を置いて運用…

  8. Webサイトにおけるユーザーの視線の動きを知る(1)

    Webサイトの制作やリニューアルでは、ユーザーの動きを意識することが非常に大切です。どれだけ質の高い…

PICKUP

PAGE TOP