menu

Webサイトをリニューアルする前に要チェック。CRO(コンバージョン率最適化)とは?

リニューアル

オウンドメディアやECサイトを運営する企業では、LPO(ランディングページ最適化)に重点を置いて運用していることも多いのではないでしょうか。たしかにLPOはWebマーケティングで成果をあげるために欠かせない施策ですが、それとあわせて最近注目を集めているのがCRO(コンバージョン率最適化)です。LPOとはどんな違いがあり、どんなメリットをもたらすのでしょうか?

・LPOとの違いとは?
LPOはWebページ単体のコンバージョン率を高める施策です。オーガニック検索やリスティング広告から流入してきたユーザーのニーズにあわせてランディングページのレイアウトやコンテンツを改善し、1つのページでできるだけ多くのコンバージョンを得るのが目的です。

あくまで個々のランディングページに対する施策なので、上位の階層のカテゴリページや、Webサイト全体のナビゲーション改善などはLPOに含まれません。また、コンバージョン直前の入力フォームを改善する施策はLPOから切り出され、EFO(エントリーフォーム最適化)と呼ばれています。

これらに対して対象をWebサイト全体に広げ、Webサイト全体のアクセス数に対するコンバージョン率を高めるのがCROです。ランディングページだけにとどまらない、Webサイトそのものの収益化・マネタイジングと言い換えることもできるかもしれません。

・リニューアルの視点をCROに変えてみる
Webサイトをリニューアルする際は、LPOだけにとどまらず、CROの観点から必要な施策を考えてみるのも1つの方法です。もちろんLPOと比べると施策の対象が広がる分、それなりのコスト・リソースがかかるのは避けられないかもしれませんが、CROを念頭に置くと、Webサイト内のキーワード検索のアルゴリズム変更や、ディレクトリ・カテゴリーの変更といった施策も見えてきます。

Webサイトの全体像を捉えてから個々のページの改善にあたることによって、結果的にランディングページのあり方が大きく変わってくることもあるかもしれません。

また、Webサイト全体のコンバージョン率を高めるためには、その場限りのコンバージョンだけでなく、クロスセルやリピートも必要となります。リピートを得るためのリマーケティング施策によってWebサイト全体の回遊性が上がれば、たとえすぐにコンバージョンを得られなかったとしても、個々のページのSEO効果は高まります。Webサイト全体の存在感が増すことによってSNSでの拡散につながり、結果的にコンバージョンにつながりやすいユーザーの獲得も期待できるでしょう。

リニューアルに関するご依頼、ご相談、お見積はこちら

小野 良勝

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

ちゃぶ屋 とんこつ らぁ麺 CHABUTON|ラーメン×エンタメ×サプライズ

クーポン訴求がカゴ落ちを招く?決済ステップを完結させるための2つのヒント

関連記事

  1. Web制作/リニューアルの素材を効率的に管理できるオンラインツー…

    企業のコーポレートサイトなどをリニューアルする場合、社屋の外観写真や社内風景、商品画像といった素材は…

  2. モックアップ作成も自分でできる、便利なWeb制作ツール3選

    WordPressやオンライン上の画像編集ソフトなどさまざまなツールが普及し、Webサイトの制作・リ…

  3. リニューアルの意味・目的を数字に落とし込む「KGI設定」

    Webサイトをリニューアルするにあたってデッドラインの設定とあわせて必須となるのが、KGI(Key …

  4. ディレクション費、デザイン費‥気になる料金の内訳とは?~Webサ…

    これまでWebサイトのリニューアルを経験したことがある方のなかには、「制作会社の見積もりは今ひとつ分…

  5. メルマガ配信システムを導入するなら欠かせない、3つのチェックポイ…

    Webサイトのリニューアル・公開にともなうユーザーへの周知・共有方法として、今なお高い効果を発揮する…

  6. 定量データでWebサイトの課題を見える化。「Google アナリ…

    Webサイトの現状把握&分析において、最初に取り組んでおきたいのがアクセス解析ツールを用いた定量デー…

  7. ヒントは制作会社自身のWebサイトにあり。制作会社選びを成功させ…

    明確なKGIが設定され、定量・定性データの分析から課題と仮説が導き出されていれば、リニューアルの制作…

  8. CV到達率によって方向性を見定める。「Google アナリティク…

    「Google アナリティクス」を用いた定量データによる現状把握・分析では、全体のセッション数をベー…

PICKUP

PAGE TOP