menu

画像のクオリティにこだわりたい場合の選択肢。意外と知られていないRAWデータとは?

制作

Webサイトやソーシャルメディアで使われる画像の多くは、JPEGやGIF形式です。その一方、自分で写真の撮影を行わない方にはあまり馴染みがないかもしれませんが、RAWという画像のデータ形式があります。RAWデータとはどんなもので、どういったメリット・デメリットがあるのでしょうか?

・RAWデータとは?
デジタルカメラや一眼レフで撮影した写真は、多くの場合JPEG形式で出力されます。このJPEGの元になっているのがRAWデータです。8bitのJPEGに対して、RAWは16bitで構成されており、カラーの階層やグラデーションの量が異なります。このためファイル容量は、RAWの方が大きくなります。

・RAWデータのメリット
16bitで構成されているRAWデータのメリットは編集作業にあります。色層やグラデーションが多いため細かい調整が効きやすく、JPEGではレタッチするのが難しいコントラストが強すぎる写真でも、露出補正しやすいのが特徴です。特にホワイトバランスの調整と露出補正はRAWデータの方が格段にやりやすくなります。

微妙な光の加減が求められる時や、撮影時の採光が不十分で後からレタッチが必要な場合などは、あえてJPEGに変換せず、RAWデータのまま保存しておくのがいいかもしれません。また、色使いの激しい商材やぼかしが必要なときなども、RAWデータの方が調整しやすいでしょう。

・RAWデータのデメリット
RAWデータのデメリットは、16bitで色層やグラデーションが多いためファイルが重くなってしまいがちなこと。一般的なデジタルカメラを使ってRAWデータで撮影し続けていると、短時間でメモリーがいっぱいになってしまうことも少なくありません。

また、Photoshopをはじめとした画像編集ソフトでは、デフォルトの設定のままだとRAWデータを開くことができません。プラグインの導入などが必要になるので、初心者の方には扱いにくいこともあります。

・RAWデータを扱うためには
Adobeが提供している「Camera Raw」というプラグインを使うと、手持ちのPhotoshopでRAWデータが扱えるようになります。またオリンパスなど、専用アプリケーションを提供しているカメラメーカーもあるので、そうしたメーカーのツールを利用するのも1つの方法です。

Web制作に関するご依頼、ご相談、お見積はこちら

小野 良勝

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

marketing16再生回数2500万回以上。Friskiesのネイティブアドから学べるポイント

renewal06メールマーケティングの意外なメリット&効果的な配信のタイミングとは?

関連記事

  1. web01

    YouTubeやFacebookは既に導入済み。Yahoo! J…

    Webサイトの制作・運営においてセキュリティは非常に大切です。日ごろのWebディレクター業務では企画…

  2. GoogleChrome02

    意外と知られていない?業務効率アップに役立つGoogle Chr…

    2016年に利用者数でInternet Explorerを上回り、ブラウザ利用シェアで世界1位に躍り…

  3. web08

    クライアントを納得させるWebデザイン制作&プレゼンのコツ_後編…

    Webサイトのデザインは、デザイン自体のクオリティもさることながら、まずはクライアントに納得してもら…

  4. web01

    Webページの目的に合わせて意識したい「ジャンプ率」とは?

    スクロールに合わせて時間差でコンテンツが表示されるパララックスデザインなど、常に進化し続けているWe…

  5. webdesign01

    日常的に使うPhotoshopだからこそ知っておきたい、初期設定…

    画像のレタッチやリサイズなど、Webディレクター業務でも何かと使う機会の多いPhotoshop。Ph…

  6. コントラストやトーン&マナーを工夫してさらに効果を高める、バナー作成のコツ

    コントラストやトーン&マナーを工夫してさらに効果を高める、バナー…

    動画などさまざまなメディアが発達した今でも、Webサイトにおけるバナーの重要性に変わりはありません。…

  7. 「アイコン化」が進むユーザーコミュニケーションとWebサイト

    「アイコン化」が進むユーザーコミュニケーションとWebサイト

    MMD研究所が2015年に行ったリサーチによれば、日本国内のスマートフォーンユーザーの半数以上が1日…

  8. web03

    ファイルをコンパクトにして表示速度をUP。JavaScript/…

    スマートフォンやタブレットの普及によってコミュニケーションのスピードが早まるなか、Webページに表示…

PICKUP

  1. 「ヤバい…乗り遅れた…」今更人に聞けないiBeaconについて解説
  2. Oura_Ring
  3. 即戦力のコーディングチェックツール3選
  4. Bebop-Drone
  5. 販促支援の大きな柱!?コンテンツマーケティングのはじめ方
  1. petchatz
  2. webdesign05
  3. WordPressのプラグインや「Google アナリティクス」を活用した301リダイレクト
  4. ec07
  5. 1000円以下でハイクオリティな素材を入手可能。優良ストックフォトサイト3選
  6. “ユーザーが購買する意味”を作る。ECサイト成功の鍵を握るコンセプト設計
  7. web director wordpress07
  8. BLEBeacon15
  9. Webサイトのリニューアルのメリット&デメリット
PAGE TOP