menu

これからECサイトを始める方も安心。人気の無料ショッピングカート3選

EC

ECサイトを始める場合、楽天やAmazonをはじめとしたECモールに出店する方法と、自社ドメインのECサイトを構築する2つの方法があります。

ECモールに出店する場合は、購入ボタンやメール配信機能、商品ページの素材などがパッケージングされて提供されますが、後者の場合、そうしたツールや素材は自分で集めなければなりません。とりわけ欠かせないのが、ユーザーが商品を購入する際のショッピングカートです。

現在では日本国内の主要なショッピングカートシステムだけでも20以上あり、機能・特徴はさまざまですが、これからECサイトを立ち上げるなら手軽に利用できる無料のショッピングカートがおすすめです。有償版と比べれば機能に限りはありますが、それゆえにシンプルで使いやすく、月商1000万円程度までなら無料版でも充分対応できるでしょう。代表的な無料ショッピングカートをご紹介します。

STORES.jp
「STORES.jp」は誰でも簡単にオンラインストアを開設することを目的に開発された無料のショッピングカートです。ショッピングカート自体の機能に加えて、商品の保管・発送代行、プロのフォトグラファーによる商品撮影、名刺作成など、サイト開設後にも役立つサービスが提供されており、これまでに700000以上の導入実績があります。

提携しているオークションサイトへの商品掲載支援も行っているので、ECのノウハウに自信のない場合や、これからECサイトを始める方には最適なサービスの1つかもしれません。

FC2ショッピングカート
15万人以上のショップオーナーに利用されている人気の高い無料ショッピングカートです。豊富に用意されたテンプレートが特徴で、CSSの編集もすることができます。自社にWebデザイナーがいる場合は、有効な選択肢の1つになるかもしれません。

また、無料ショッピングカートとしては珍しく、PayPalなどクレジット決済の代行会社を自由に選ぶことができます。無料版では利用にともない広告が表示されます。

ワイズカート・ゼロ
1つのアカウントで複数のネットショップに導入できる無料ショッピングカートです。配送方法や決済、割引などをPCとスマホで別々に設定できるので、スマートフォンと相性のいい商材を扱うECサイトでは使いやすいかもしれません。利用自体は無料ですが、商品が購入された際に3%の手数料が発生します。

ECサイトに関するご依頼、ご相談、お見積はこちら

小野 良勝

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

Lily_CameraLily Camera|先行予約販売で約40億円を獲得。 自動追尾機能を搭載した超小型ドローン

ad1010秒で消えるクーポンの効果とは?海外のSnapchatプロモーション事例

関連記事

  1. いち早く消費者との接点を持ち、改善ポイントを顕在化させる「2ステップマーケティング」

    いち早く消費者との接点を持ち、改善ポイントを顕在化させる「2ステ…

    ECサイトは商品を仕入れ、販売体制を整えただけでは完成とはいえません。自社の戦略と照らし合わせて最適…

  2. ec03

    アリババと連携し、1700万の「いいね!」を獲得。「Tokyo …

    越境ECで大きな成功を収めている国内企業の1つが、アニメのキャラクターグッズなど、日本のポップカルチ…

  3. 2021年のマーケットは25兆円超。ビジネスの成功に欠かせないECサイト運営

    2021年のマーケットは25兆円超。ビジネスの成功に欠かせないE…

    新商品の紹介やプロモーション、CSR、プレスリリースなど、企業活動のさまざまな局面で利用されるWeb…

  4. 販売戦略のヒントとして知っておきたい「フレーミング効果」

    販売戦略のヒントとして知っておきたい「フレーミング効果」

    ECサイトで長期的に成果をあげていくためには、商品の適切な価格設定が欠かせません。確実に利益を確保し…

  5. ec05

    「越境EC」を始めるなら知っておきたい、世界一のEC大国・中国の…

    世界中のネットユーザーを相手に直接商品やサービスを販売することができる越境EC。特に販路拡大を狙う国…

  6. 商品の梱包・発送を既存顧客へのアプローチとして活用する

    商品の梱包・発送を既存顧客へのアプローチとして活用する

    ECサイトにおいて既存顧客を再獲得するためのコストは、新規顧客の獲得コストの約1/5程度で済むと言わ…

  7. ec04

    Google「商品リスト広告」を利用する際の3つの注意点と活用の…

    ショッピングを目的としたユーザーにダイレクトに訴求することによって、CPA(獲得1件あたりの費用)を…

  8. ec05

    ECサイトで差別化を図るなら取り入れたい、海外のWebデザイント…

    ECサイトでは、1枚の写真によってCVR(購買率)などの数字が大きく変わってくることも珍しくありませ…

PICKUP

  1. フラットデザイン化に使える無料アイコンのダウンロードサイト
  2. seo07
  3. BLEBeacon専用アプリケーション外注までの5つのステップ
  4. 潜在ターゲット層へ効果的にリーチするGoogle「キーワードターゲティング」
  5. Web-Renewal30
  1. ec05
  2. Samsung_Gear_360
  3. リニューアルをスムーズに進め、運用にもメリットをもたらすデッドライン設定
  4. ad10
  5. ec03
  6. 次世代のビジネスチャンスを拓くVR&AR活用術 
  7. 次世代のビジネスチャンスを拓くVR&AR活用術 
  8. 認知科学によって利便性を追求。Googleが推奨する「マテリアルデザイン」とは?
  9. seo10
PAGE TOP