menu

Web制作/リニューアルの素材を効率的に管理できるオンラインツール

リニューアル

企業のコーポレートサイトなどをリニューアルする場合、社屋の外観写真や社内風景、商品画像といった素材は企業側で用意する必要があります。ただ、部署ごとに保管場所がばらばらだったり、担当者が退職していたり、いざ用意しようとするとバタバタすることも多いのではないでしょうか。

長年撮りためてきた画像素材は、まぎれもなく貴重な企業の情報資産です。古いデータほどおざなりにされがちですが、撮影し直すのには手間もかかりますし、再撮影ができない商材やサービスなどもあるでしょう。現在ではそうした画像素材を一元的に管理できる便利なオンラインツールも多いので、利用してみるのもいいかもしれません。

Googleフォト
Googleのアカウントを登録するだけで使える、多機能の画像保存サービスが「Googleフォト」です。素材をアップロードする際、あらかじめ「高品質」の設定をしておくと、1600pxの写真に加えて、1080pの動画を保存できます。写真や動画を1つのURLにまとめて共有することも可能です。

また保存・共有だけでなく、画像の編集機能が充実しているのも「Googleフォト」の特徴です。複数の写真をつないでパノラマや動画を作成することもできますし、コラージュ写真やGIF画像も作れます。自動補正機能も付いているので、ノイズが多い古い写真の管理などにも向いているかもしれません。

Flickr
「Flickr」はYahoo!が提供している画像保存サービスです。日本語には対応していないものの、シンプルなUIで直観的に操作することができます。

JPG、PNG、GIF、MOV、MPFGなどをはじめ豊富なファイル形式に対応しており、無料アカウントでも写真1枚あたり200MG、合計1TBの容量が提供されます。イベントの様子を捉えた長めのムービーや、キービジュアルに使える高画質の画像の保存には最適なツールの1つです。

LINE
より手軽に画像の保存・共有を行いたい場合は「LINE」のを使うのも選択肢の1つ。トーク画面のサブメニューから作成できる「アルバム」に素材を保存することで、トークのメンバー間で共有できます。

外部の制作スタッフも含めてグループを作成し、スケジュールや進捗確認などとあわせて素材を共有するのもいいかもしれません。

リニューアルに関するご依頼、ご相談、お見積はこちら

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

CTRが約300%UPしたオウンドメディアも。SNSシェアボタンの配置・デザインについて

オーガニック化粧品の人気ブランド「LUSH」に見る、次世代のECサイトとは?

関連記事

  1. 誤解されやすい「ユーザビリティ」。正しく理解するためのポイント(…

    Webサイトの制作・リニューアルにおいて、UIやUXと並んで重要なのがユーザビリティです。ユーザビリ…

  2. ヒントは制作会社自身のWebサイトにあり。制作会社選びを成功させ…

    明確なKGIが設定され、定量・定性データの分析から課題と仮説が導き出されていれば、リニューアルの制作…

  3. 業界別に見るWebサイトのシネマグラフ活用事例

    GIFアニメーションや動画と静止画の組み合わせによって、被写体の一部だけに動きを与えるシネマグラフ。…

  4. メルマガ配信システムを導入するなら欠かせない、3つのチェックポイ…

    Webサイトのリニューアル・公開にともなうユーザーへの周知・共有方法として、今なお高い効果を発揮する…

  5. サービス開始から約14年。変化し続けるリスティング広告の「今」(…

    GoogleとOverture(現Yahoo! リスティング広告)のサービス開始から約14年が経った…

  6. リニューアルによるアクセス数低下を防ぐための対応策

    リニューアルの成否を分けるポイントは、事前の情報設計や準備段階にあるといっても過言ではありません。事…

  7. ゴールはあくまでKGI。KPI設定において見落としがちなポイント…

    事前の情報設計が成功へのキーポイントとなるWebサイトのリニューアル。とりわけKGI、KPI、CSF…

  8. Webサイトをリニューアルする前に要チェック。CRO(コンバージ…

    オウンドメディアやECサイトを運営する企業では、LPO(ランディングページ最適化)に重点を置いて運用…

PICKUP

PAGE TOP