menu

必要な数値だけを必要な切り口で確認。Google Analyticsカスタムレポート活用法

リニューアル

コーポレートサイトやオウンドメディアを運営している企業のWeb担当者のなかには、効果測定ツールとしてGoogle Analyticsを利用している方も多いのではないでしょうか。Google Analyticsはあらゆる機能を備えた非常に便利なアクセス解析ツールです。得られるデータはWebサイトをリニューアルする際の大切な資料にもなります。

ただ、多機能ゆえに得られる情報も多岐にわたり、ある程度使い慣れてくると「この数値をまとめて一緒にチェックできたらいいのに‥」といったケースも増えてくるかもしれません。また、必要な数値を確認するために何度もタブを切り替えたり、複数のページを行き来したりして、もどかしさを感じることもあるのではないでしょうか。

そうした時は、Google Analyticsの「カスタムレポート」という機能がおすすめです。カスタムレポートを使えば、自分の見たい切り口で必要なデータだけをまとめて確認することができます。

カスタムレポートの設定方法
「カスタム」というと何となく難しそうに感じるかもしれませんが、設定方法は非常にシンプルです。まずGoogle Analyticsにログインし、「カスタム」のタブから「新しいカスタムレポート」をクリック。表示されるタブ名とタイトルに任意の名前をつけたうえで、その下の「レポートの内容」から、「ディメンション」(レポートの縦軸。日別・月別・地域別といった切り口)と、「指標」(PV数、セッション数、離脱率など)の2つを設定するだけです。

効果測定のルーティンワークとして、「自社のブログメディアの前日のアクセス数をチェックしたい」という場合は、ディメンションに「日(月間)」、指標に「ページ/セッション」を設定すればOKです。同様の方法で月別の新規セッション率や地域別のPV数など、必要な情報だけを切り出すことができます。

カスタムレポートの便利な使い方
Google Analyticsのカスタムレポートの大きな特徴の1つが、作成したレポートを共有できること。Webで公開されているレポートのフォーマットも自社のGoogle Analyticsに取り込んで使うことができます。

この機能を使えば、イチからカスタムレポートを作成する手間も省けますし、複数の部署でGoogle Analyticsを使っている場合などもレポートのフォーマットを揃えられるでしょう。

リニューアルに関するご依頼、ご相談、お見積はこちら

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

YouTubeやFacebookは既に導入済み。Yahoo! Japanも進めている「常時SSL化」とは?

コンバージョン率を上げるために欠かせない、ECサイトにおけるEFOのポイント

関連記事

  1. サービス開始から約14年。変化し続けるリスティング広告の「今」(…

    GoogleとOverture(現Yahoo! リスティング広告)のサービス開始から約14年が経った…

  2. 位置が変われば再生率は2倍以上。Wista社のリサーチに見るWe…

    ますます身近なものになりつつある動画コンテンツ。最近では再生回数や視聴時間に加えて、「好感度」や「印…

  3. YouTube内の検索数が年間70%アップ。How to 動画制…

    近年、Webサイトにおける動画の1つのトレンドになっているのが、商品の使い方や利用シーンを説明するH…

  4. 2つ一緒に考えるのは間違い‥?UI/UXそれぞれの違い・注意点に…

    UI(ユーザーインターフェイス)とUX(ユーザーエクスペリエンス)はWebサイトの制作・リニューアル…

  5. リニューアルの意味・目的を数字に落とし込む「KGI設定」

    Webサイトをリニューアルするにあたってデッドラインの設定とあわせて必須となるのが、KGI(Key …

  6. Webサイトの運用で起こりがちな3つのトラブル&対応方法について…

    Webサイトのデザインや機能はもちろん大切ですが、それ以上に大切なのが運用保守です。高い予算をかけて…

  7. 業界別に見るドローン動画のWebコンテンツ活用事例(2)

    自社のWebサイトに動画コンテンツを取り入れる企業が増えていますが、既存の動画コンテンツに物足りなさ…

  8. リニューアルに欠かせない現状把握&分析。具体的な3つのアプローチ…

    Webサイトのリニューアルを成功させるためには、「ゴールと指標」、「目的と手段」という要素をきちんと…

PICKUP

PAGE TOP