menu

きちんと知っておかないと思わぬリスクも‥。ブラックハットSEOについて

SEO

オウンドメディアやコーポ―レートサイトのSEO対策を担当している方は、ブラックハットSEOという言葉を耳にしたこともあるのではないでしょうか。ブラックハットSEOとは、Googleなどの検索エンジンのアルゴリズムの盲点を突いて、不正に検索上位を獲得しようとする施策のことです。

ブラックハットSEOはGoogleのガイドラインでも明確に禁止されていて、安易に行えば一時的に検索順位が上がったとしても、その後のペナルティによって大幅に検索順位が低下します。また、検索エンジンのアルゴリズムが強化され続けているなかで、効果がまったくなく、単に警告やペナルティといったマイナス影響をもたらすだけの施策もあります。代表的なブラックハットSEOの施策をご紹介します。

・隠しテキスト
背景と同じ色のフォントを使ってテキスト情報を盛り込み、ユーザーには隠しながら検索エンジンだけに情報を認識させる手法です。Webページのキーワード含有率(ソースにSEO対策キーワードが含まれる割合)が重視されていた時代によく見られた手法ですが、現在のアルゴリズムではキーワード含有率は検索順位に影響せず、隠しテキストもGoogleガイドラインの規制対象になっています。

・クローキング
クローキングとは、ユーザー向けのWebページとは別にクローラー向けのWebページを用意して、読みやすさや利便性が全くない、SEO対策だけに特化したページをクローラーに読み取らせようとする施策のこと。ユーザーに有益なコンテンツとSEO対策を両立させる手間を省くために一部のSEO対策会社が行っていた手法です。隠しテキストと同様にGoogleガイドラインの規制対象になっています。

・ブログパーツへのリンク
ミニゲームなどを提供するブログパーツへのリンク設置も、Googleのガイドラインでは隠しリンクの1つ見なされ、ペナルティ対象になります。たとえ運営者側に悪意がなかったとしても、ブログパーツの利用者はリンク設置に気づかず、結果的にユーザー側の評価とはまったく関係なく被リンクを得ていることにつながるためです。

・フッターへの大量リンク
ページ下部のフッターにリンクを設置することによって、ユーザーに関連するページを示し、利便性をアップさせることができます。ただ、フッターにあまりにも多すぎるリンクが貼られていたり、コンテンツと関連性の低いリンクが多かったりすると、不正なSEO対策と見なされることがあります。

SEOに関するご依頼、ご相談、お見積はこちら

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

ゴーゴーカレー | B級グルメ”金沢カレー”ブームの火付け役

ツールを使って接客をシステム化。総合力に優れたWeb接客ツール3選

関連記事

  1. ロングテールSEOにおけるキーワードの選定とコンテンツ制作のコツ…

    ニッチなキーワード(ロングテールキーワード)に沿って質の高いコンテンツを公開し、Googleなどの検…

  2. 意外と見落とされがち?今もなお高い効果を発揮する「パンくずリスト…

    日ごろSEO対策に取り組んでいるWebサイト、パンくずリストは設置していますか? 検索エンジンのアル…

  3. コンテンツSEOはどのように生まれたか?SEOと検索エンジンの歴…

    現在のSEOはコンテンツSEOが主流です。Webページ内のキーワードの数や被リンク数よりコンテンツそ…

  4. 「売らない」ページが評価に結びつくコンテンツSEO

    タグ、ディスクリプション、被リンク数といったページ内部を構成する要素の改善は検索上位の獲得に効果をも…

  5. 管理コストにも影響するURL作成のポイント

    Webページを制作する際に必ず必要になるのがURLです。SEOにおいてはURLに含まれるテキスト情報…

  6. 他社に先行して商品ページを公開→アクセス数約860%UP。pho…

    SEO対策では、人気の高いキーワードほど競合も多くなり、検索上位を獲得するのが難しくなります。また、…

  7. 「ホームページに集客したいんです!」

    SEOに関するご相談を受ける方々のほとんどの目的は「ホームページに集客したい」ということです。その思…

  8. 悪意はなかったのに‥。意図しない重複コンテンツが生まれる3つの原…

    「対策キーワードもしっかり絞り込んで、タイトルやディスクリプションにも反映させているのに、検索上位が…

PICKUP

PAGE TOP