menu

EFO(入力フォーム最適化)に役立つ、無料で使えるjQueryプラグイン4選

制作

ECサイトだけでなく、会員登録やアンケート、問い合わせなど、多くのWebサイトに設置されている入力フォーム。あるリサーチ結果によれば、約70%のユーザーが入力フォームの記入必須項目が多すぎるために離脱しているというデータがあります。

また、使い勝手の悪さや頻発する入力エラーも、同じようにユーザーの離脱を招きます。Webサイトの制作・運営に携わるなら、EFO(入力フォーム最適化)は欠かせないミッションの1つです。

EFOに取り組む場合、無料で提供されているjQueryのプラグインを使うのがおすすめです。jQueryとは、JavaScriptの記述を簡易化できるライブラリ。プログラミングにそれほど詳しくない人でも、jQueryを使えばわずか数行の記述で必要な機能を実装することができ、多くのWeb制作会社でも利用されています。無料で使えるjQueryプラグインをご紹介します。

jQuery Show Password Plugin
多くのWebサイトの入力フォームでは、他人に見られるのを防ぐため入力したパスワードが非表示に設定されていますが、見えないゆえに確認できず、誤入力を招くこともあります。「jQuery Show Password Plugin」を導入すれば、入力したパスワードの表示/非表示を切り替えることができるようになります。

FormTips
「ここに氏名を入力してください」というように、入力窓に薄い色のフォントでテキストを表示させることができるプラグインが「FormTips」です。あらかじめ必要な文言を入れてユーザーを誘導することによって、入力エラーや入力のし忘れを防ぐことができます。

jQuery Validation Plugin
Eメールアドレスの形式が間違っている場合や、不正なURLが入力された際に、テキストボックスの下に赤いフォントのエラーメッセージを表示させることができます。ユーザー側は送信前に間違いに気づくことができるので、「何度も修正してストレスが溜まり離脱‥」といったケースを防げます。

AutoTab
電話番号や郵便番号などを入力する際、一定の桁数に達すると次のテキストボックスに自動で移動させることができるjQueryプラグインです。入力必須項目の多い場合などには重宝するかもしれません。

Web制作に関するご依頼、ご相談、お見積はこちら

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

エリアマーケティングとも相性抜群。行動ターゲティングLPO

ARAIYA NEST | 肉汁じゅわっと溢れ出る国産黒毛和牛

関連記事

  1. 月間ユーザー1億人以上のサービスも。Webディレクターが知ってお…

    世界中で10億人以上の人に利用されているSNS。Webサイトも分野を問わずSNSからの流入が増えてお…

  2. ユーザーに声をヒントにWebサイトを改善。手軽に利用できるアンケ…

    Webサイトの効果を示すデータは大きく2つに分けられます。1つはアクセス数やクリック率(CTR)、コ…

  3. ランディングページ制作に携わるなら知っておきたい、行動心理学の4…

    訪問したユーザーを納得させ、具体的なアクションに導くことが求められるランディングページ制作。Webデ…

  4. フラットデザイン化に使える無料アイコンのダウンロードサイト

    ページの表示速度アップやレスポンシブ対応、アピールしたい要素を強調できることなど、さまざまなメリット…

  5. よりスピーディに分かりやすく。大手企業2社のインフォグラフィック…

    グラフ、文字、イラストを組み合わせることで、データを視覚化するインフォグラフィック。ビジュアルと数字…

  6. マンネリ化したWebデザインから脱却したい時は注目。心理学におけ…

    制作したWebページの効果が伸び悩んでいる時や、何となくマンネリ化した印象を拭えない時などは、行動心…

  7. コントラストやトーン&マナーを工夫してさらに効果を高める、バナー…

    動画などさまざまなメディアが発達した今でも、Webサイトにおけるバナーの重要性に変わりはありません。…

  8. 外注 or 自社制作?バナー制作会社を利用する場合のメリット&デ…

    的確な制作手順をふまえたうえで、自社の商材やブランドイメージに合わせてレイアウトやフォントを工夫する…

PICKUP

PAGE TOP