menu

Beaconによって拡がるビジネスチャンス~タクシー・公共交通機関~

Beacon

決済機能が付いたタクシー配車アプリや、ターミナル駅内のナビゲーション、社内の迷惑行為防止アプリなど、Beaconを活用した新しいサービスが次々と導入されているタクシー業界や公共交通機関。2014年には京都市営バスが788台のバスにBeaconを設置し、バス停のデジタル表示版にバスの接近・到着を知らせるサービスを開始しました。

2020年のオリンピックイヤーに向けて外国人観光客へ向けたサービスの利便性向上も模索されるなか、Beaconにはどんな可能性があるのでしょうか?

タクシー乗り場の混雑をBeaconで解消する

都心部の繁華街やターミナル駅周辺などでは、特定のタクシー乗り場に乗車待ちの人が集中し、長蛇の列ができることがあります。とりわけ週末の夜などは30分~1時間待ちなども珍しくありませんが、各タクシーにBeacon端末を設置して、スマートフォンの地図アプリと連動させれば、それぞれのタクシー乗り場まで行かなくても乗り場ごとのタクシーの待機状況を表示させることができます。

いち早く家路につきたい乗客はもちろん、タクシー会社にとっても客待ちの時間が短くなるため収益性が上がり、双方に大きなメリットをもたらします。

同じ方向の乗客を検知して、料金を節約

Beacon対応型アプリが広く普及すれば、同じタクシー乗り場で乗車待ちをしている人のなかから、同じ方向に帰ろうとしている人を検知することができます。さらに性別や年齢などのプロフィール情報が分かれば相乗りに不安を覚える人も比較的利用しやすくなり、長距離の場合も乗車料金を節約できるでしょう。

新幹線などの電車の旅をより楽しく、快適に

新幹線や特急での長距離移動。楽しみ方は人それぞれですが、Beaconを活用すれば人気の観光スポットや絶景スポットを通過する前に、乗客に向けてプッシュ通知を送信することができます。

また、線路付近のポイントにBeacon端末を設置すれば、あらかじめアプリ上に目的地を入力した乗客に対して「あと10分で到着します」といった通知も送ることができ、乗り過ごし予防にも役立ちます。車両にBeaconを設置すれば、乗客の位置情報を元にリアルタイムの空席情報を可視化することも可能です。こうしたサービスを英語や中国語にも対応したうえで実用化すれば、日本ならではの「おもてなし」の1つとして、高いホスピタリティを提供できるのではないでしょうか。

Beaconに関するご依頼、ご相談、お見積はこちら

小野 良勝

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

競合サイトの調査に活用できるGoogleの3つの機能

カスタマージャーニーマップ作成の6つのステップ(後編)

関連記事

  1. 金融業界に先駆けてBeaconで銀行の接客サービスを改善。「Ba…

    信用・信頼がビジネスの基幹となる金融業界でもBeaconを導入する動きが見え始めています。世界50か…

  2. 車内での動画視聴や乗車時間に応じてクーポンを付与。国内タクシー会…

    企業の都合による一方的な情報発信ではなく、位置情報にマッチしたピンポイントな情報を発信することによっ…

  3. Beacon×Apple Watchでショッピングが変わる。アメ…

    2015年4月に日本でも発売されたApple Watch。iPhoneやiPadと比べるとそれほど広…

  4. 4段階のプッシュ通知で作品世界へ誘い込む。「X-MEN」プロモー…

    新作映画の宣伝にBeaconを取り入れたユニークな事例が、20世紀フォックス映画とTOHOシネマズに…

  5. Beacon を取り入れて地域を活性化。iPhone用アプリ「江…

    ネットユーザーを販売店舗や現実の空間に誘導する「O2O」(Online to Offline)マーケ…

  6. Beaconが販売店舗での体験を変える「HMV&BOOKS TO…

    Bluetooth信号を発信することによって、受信範囲内のスマートフォンの位置情報を把握することがで…

  7. 野球観戦をより楽しく、快適に。スポーツ界に先駆けたMLBのBea…

    スポーツの分野で世界に先駆けてBeaconを活用しているのが、アメリカの4大スポーツの1つMLB(メ…

  8. Beaconによって拡がるビジネスチャンス~自動車分野~

    Googleをはじめとした数多くの有力企業が開発に取り組み、ニュースなどでも耳にすることが多くなった…

PICKUP

PAGE TOP