menu

ネイティブアドに向いている商材と、掲載にあたって気をつけること

MARKETING

通常のコンテンツの同じフォーマットで配信することにより、ターゲットの興味・関心を自然に喚起できるネイティブアド。最近では、キュレーションメディアなどの台頭によって提供される掲載枠も増え、使い方次第では大きな効果も期待できます。ネイティブアドにはどんな商材が向いていて、利用にあたってはどんな点に注意する必要があるのでしょうか?

・ネイティブアドに向いている商材とは?
ネイティブアドの強みを引き出すためには、まず読み物や動画といったコンテンツとしてターゲットを楽しませるのが大切です。その意味で、美容・ヘルスケア関連や食品など、一般ユーザーの体験談やユニークなエピソードを盛り込みやすい身近な商材が向いています。

一概には言えませんが、IoTやウェアラブルデバイスなど、一般的にそれほどなじみのない商材は、ネイティブアドとはあまり相性が良くないかもしれません。

また、ネイティブアドの掲載枠が多いキュレーションサイトやニュースメディアは、通勤時間や休憩時間など、ちょっとした空いた時間に多く読まれる傾向があります。

そういった点で、比較検討に時間がかかる高額な商材よりは、短時間で判断しやすい廉価な商材の方が向いています。コンバージョンに費用が伴わない無料サンプルのダウンロードや会員登録、予約などもネイティブアドとの適性が高いでしょう。

・ネイティブアドの掲載にあたって気をつけたいこと
まず大切なのは、「広告」、「PR」と明示すること。ネイティブアドの広告枠はこうした表示がデフォルトで入っているものが大部分ですが、一部そうでないものもあるので、利用する場合は注意が必要です。

Webサイトを訪れるユーザーの目的は、あくまでコンテンツそのものであって広告ではありません。いくら内容が良くてもこうした表示がないと、ユーザーは「騙された‥」と感じ、広告主に対してマイナスイメージを抱く可能性もあります。

また、ターゲットにマッチした掲載メディアを選ぶことも大切です。掲載にあたってはそのメディアのユーザーの年齢層や性別、興味のある分野、主力デバイスなどをしっかりと押さえたうえで、自社のターゲットと適性があるかしっかり検討するのがポイントです。

Webマーケティングに関するご依頼、ご相談、お見積はこちら

小野 良勝

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

DietSensor|60万種類以上の食品の栄養素を解析。 「CES 2016」アワード受賞の健康管理ガジェット

YouTubeやFacebookは既に導入済み。Yahoo! Japanも進めている「常時SSL化」とは?

関連記事

  1. カスタマージャーニーマップ作成の6つのステップ(前編)

    消費者の行動や感情とそれにあわせた具体的な施策をマップ上で視覚化することによって、時には新しいターゲ…

  2. カスタマージャーニーマップ作成の6つのステップ(後編)

    カスタマージャーニーマップを作成する際は、全体を6つのステップに分けて進めるのが効果的。なかでも大切…

  3. 再生回数2500万回以上。Friskiesのネイティブアドから学…

    「グノシー」をはじめとしたキュレーションメディアが人気を集めるなか、取り入れる企業も増えてきているネ…

  4. Amazonでもおなじみのレコメンデーション。4つのタイプと導入…

    費用対効果の面で大きなメリットをもたらすうえ、ユーザーに嫌悪感を抱かれにくく、よりスムーズにアクショ…

  5. 【海外版】AppleのMFi認証をクリアしたiBeacon対応製…

    2013年9月のリリースから普及が進むApple社のiBeaconですが、実はBLEBeaconなら…

  6. WebにおけるOne to Oneマーケティングの特徴&メリット…

    次々と新しい概念が生まれてくるWebマーケティングにおいて、近年注目を集めているのが「One to …

  7. ユーザー獲得率が120%UPの事例も。ネイティブアドのメリット&…

    One to Oneマーケティングとあわせて注目されているがネイティブアド(ネイティブ広告)です。ア…

  8. One to Oneマーケティングの成功事例。「リンナイのある暮…

    One to Oneマーケティングは既存の企業資産とあわせて活用することで、その効果を高めることがで…

PICKUP

PAGE TOP