menu

Amazonでもおなじみのレコメンデーション。4つのタイプと導入方法

MARKETING

費用対効果の面で大きなメリットをもたらすうえ、ユーザーに嫌悪感を抱かれにくく、よりスムーズにアクションを導くことができるOne to Oneマーケティング。具体的にはどんな手法があるのでしょうか?

・レコメンデーション
Amazonをはじめとした大手ECモールの「あなたにおすすめ」、「この商品を買った人はこちらの商品も‥」という表示がレコメンデーションです。ユーザーの行動・閲覧履歴やその類似性、アイテム同士の相性などをもとに、特定のコンテンツや商品を表示させることで、コンバージョン率の向上を図ります。レコメンデーションのベースとなる仕組みは主に以下の4つです。

└ルールベース
「このTシャツを購入した人には、このパンツをおすすめする」というように、あらかじめ特定のルールを設定しておき、それにもとづいてアイテムなどを表示させます。

└強調フィルタリング
ユーザーの行動履歴やアイテムの特徴をベースにして、類似ターゲットが購入したアイテムを推奨します。Amazonに導入されているのはこの強調フィルタリングです。

└コンテンツベース
美容関連のECサイトで保湿液を購入した人にサプリメントを推奨するなど、商品ページをはじめとした複数のコンテンツ間の特徴・類似性をもとに関連性の高いコンテンツをすすめる仕組みです。

└ベイジアンネットワーク
ユーザーの行動・閲覧履歴とアイテムの属性など、複数の要素の因果関係を解析し、その結果に沿ってターゲットが購入する可能性の高いアイテムを推奨します。

レコメンデーションはASP(アプリケーションサービスプロバイダ)に申し込むことによって利用できます。多くのASPでは上記4つの仕組みを組み合わせたオリジナルのレコメンデーションサービスを提供していますが、いずれもタグやスクリプトを埋め込むだけで導入でき、初期費用も数万円~20万円程度と比較的安価なのが特徴です。

もともとはECサイト向けに開発された仕組みですが、情報量の多いブログメディアやニュースサイトでもレコメンデーションを取り入れることによって、個々のユーザーに合ったコンテンツを配信できるようになります。また、リリースから一定期間が経過したWebサイトは古いコンテンツが埋もれてしまうことも多いので、そうした際もレコメンデーションを取り入れることによって、コンテンツの価値を有効活用することができるでしょう。

Webマーケティングに関するご依頼、ご相談、お見積はこちら

小野 良勝

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

Beacon導入でロックフェスの楽しみ方が変わる? アメリカ「Bonnaroo」の事例ほか

ユーザーを適切に導くCTAボタンの3つのパーツと、デザインのポイント

関連記事

  1. CVRが10倍アップした事例も。マーケティング・オートメーション…

    One to Oneマーケティングにおいて、レコメンデーションとならんで重要な手法になっているのがマ…

  2. ブロックチェーンへの初めての攻撃

    ブロックチェーンは多数のコンピューターで管理し、一定数の容認がないと変更できないシステムであるため承…

  3. WebにおけるOne to Oneマーケティングの特徴&メリット…

    次々と新しい概念が生まれてくるWebマーケティングにおいて、近年注目を集めているのが「One to …

  4. 多すぎる選択肢もユーザー離れの原因に。直帰率に影響する要素(2)…

    直帰率を下げるためには、ファーストビューと表示速度を改善して、ユーザーのニーズに合った情報をよりスピ…

  5. いま改めてパーソナルコンピューティングの歴史を振り返る

    現在、当たり前のように使われているパソコン、スマートフォン。その歴史を振り返るとスティーブ・ジョブズ…

  6. 整合性の高い情報をよりスピーディに。直帰率に影響する要素(1)

    Webページの直帰率改善にあたっては、まずページか流入経路をどちらかを固定してABテストを行うと、必…

  7. 気になる疑問、解消します!!iBeaconにまつわる11のQ&#…

    マーケター&プログラマーの方はもちろん、最近では一般の方でも「iBeacon」というワードを見聞きし…

  8. 直帰率改善のためのポイント・施策を見出せるABテスト

    リンクボタン、テキストリンクといったWebサイトの要素やユーザーの流入経路によって大きく数字が変わっ…

PICKUP

PAGE TOP