menu

意外と知られていない?業務効率アップに役立つGoogle Chromeの4つの便利な機能

制作

2016年に利用者数でInternet Explorerを上回り、ブラウザ利用シェアで世界1位に躍り出たGoogle Chrome。Google Chromeには「One Tab」や「Ghostely」といった拡張機能に加えて、ほかのブラウザではなかなか見られない便利な機能やコマンドも付いています。

ブラウザの使い方は人それぞれで、長年使い慣れたやり方もあるものですが、さらなる業務効率アップを目指すなら、こうした機能も知っておいて損はありません。Google Chromeで提供されている4つの便利機能についてご紹介します。

1.ブラウザ起動時に複数のページを開く
Google Chrome環境設定の「起動時」メニューから「特定の1つのページまたは複数のページを開く」をチェックし、URLを指定することによって、起動時に複数のWebページを表示させることができます。

Google アナリティクスの管理画面やCMSのログイン画面、ニュースサイト、SNSなど、日ごろ見ることの多いURLを登録しておくと、よりスムーズにその日の業務を始めることができるでしょう。

2.複数のGoogleアカウントを併用する
通常、ひとつのブラウザを複数のアカウントで利用する場合、その都度ログアウト/ログインする必要がありますが、Google Chromeでは環境設定によってその手間を省くことができます。

設定方法は、環境設定から「ユーザー」のメニューを表示し、「ユーザーを追加」をクリックして、利用するアカウントを登録するだけ。これによりツールバーのアイコンからアカウントを切り替えられるようになります。複数のメンバーで1台のPCを利用する場合などはあらかじめ設定しておくのがおすすめです。

3.スマホやタブレットでタブを共有する
スマートフォンやタブレットでGoogle Chromeの画面右上のメニューを開き、「最近使ったタブ」から「その他デバイス」をタップすると、PCで見ていたタブを表示させることができます。

オフィスのPCで見ていたページを帰りの通勤電車や家でもう一度チェックしたい時などは非常に役に立つ機能です。

4.検索バーで計算
Google Chromeは検索バーに計算式を入力してEnterキーをクリックするだけで答えを表示します。電卓ツールを開く手間もなく、Excelなどの作業時にうまく併用すると業務効率アップにつながるかもしれません。

Web制作に関するご依頼、ご相談、お見積はこちら

小野 良勝

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

ベテランのWeb担当者でも混同しがち?「直帰率」と「離脱率」の違い

水族館やテーマパークでも導入が進むBeacon。横浜八景島シーパラダイスの事例ほか

関連記事

  1. Webサイトに動画コンテンツを取り入れるメリット&実際の制作費

    Youtubeをはじめとした動画配信プラットフォームが普及し、スマートフォンで場所・時間を問わず動画…

  2. 「アイコン化」が進むユーザーコミュニケーションとWebサイト

    MMD研究所が2015年に行ったリサーチによれば、日本国内のスマートフォーンユーザーの半数以上が1日…

  3. YouTubeやFacebookは既に導入済み。Yahoo! J…

    Webサイトの制作・運営においてセキュリティは非常に大切です。日ごろのWebディレクター業務では企画…

  4. Webサイトにひと味加えたい時に役立つ、イラスト&ピクトグラム素…

    一般的にWebサイトに掲載する写真は具体性や専門性が大切と言われています。たしかに企業のオウンドメデ…

  5. マンネリ化したWebデザインから脱却したい時は注目。心理学におけ…

    制作したWebページの効果が伸び悩んでいる時や、何となくマンネリ化した印象を拭えない時などは、行動心…

  6. EFO(入力フォーム最適化)に役立つ、無料で使えるjQueryプ…

    ECサイトだけでなく、会員登録やアンケート、問い合わせなど、多くのWebサイトに設置されている入力フ…

  7. 表示速度を0.1秒改善して売上1%アップ?フラットデザインの具体…

    スマートフォンやSNSの普及によってコミュニケーションのスピードが速まり、キュレーションサイトやHo…

  8. 画像のクオリティにこだわりたい場合の選択肢。意外と知られていない…

    Webサイトやソーシャルメディアで使われる画像の多くは、JPEGやGIF形式です。その一方、自分で写…

PICKUP

PAGE TOP