menu

バリアフリー社会にBeaconを活用する。ルーマニア「Smart Public Transport」

Beacon

ルーマニアの首都・ブカレストでは、障害を持つ人の支援と自立にBeaconを役立てる仕組みづくりが始まっています。視覚障害を持つ人が介助をともなわず公共交通機関を利用できるようサポートするプロジェクト「Smart Public Transport」は、ブカレスト市内を走るバスとトロリーバスにBLE Beaconを設置しました。

利用者はスマートフォンにインストールした専用アプリ上であらかじめ自分の乗りたいバスを選択しておくことで、そのバスがバス停に近づいたときに通知を受け取ることができます。

専用アプリには音声ガイダンスが取り入れられており、スマートフォンに通知された内容が読み上げられます。また、バスが到着した際は、車内に設置されたBeacon端末との連動によってピープ音が繰り返し発信されるため、たとえ複数のバスが同時に到着としても、利用者は音によって自分が乗りたいバスを認識することが可能です。利用者がバスに乗り込むと通知やピープ音は停止します。

商業施設や店舗での利用が注目されがちなBeaconは、こうした社会インフラを向上させるツールとしても大きな可能性を持っています。

例えば日本の場合、視覚障害を持つ人へのサポートとしては、歩道や案内版の点字ブロックが挙げられますが、日本中の全ての道路・施設に点字ブロックが設置されているわけではありません。交通機関や公共施設における駅員やスタッフのサポートも、場所によっては人員などさまざまな制約があり、年々充実してきているものの、やはり万全とはいえないでしょう。

比較的低コストで導入することができるBeaconは、こうしたボトルネックを解消できる可能性があります。また、障害を持つ人のなかには、人の手を借りることに抵抗を感じる人も多いと言われていますが、利用者個々のスマートフォンの位置情報がベースとなるBeaconなら、人の手によるサポートは最小限に抑えることができ、障害を持つ人の自立にもつながります。

とりわけ、手軽な端末で位置情報と音声ガイダンスを併用できる点は、既に一部で実用化されているように、障害者支援だけでなく、子どもを対象にした通学時の安全確保や高齢者のサポ―トなどさまざまな分野に役立てられる、Beaconの非常に大きな特徴です。

「Smart Public Transport」の取り組みを実施するには、民間企業だけでなく、国や自治体の強力が必要になりますが、Beaconによって社会のあり方が大きく変わることもあるかもしれません。

Beaconに関するご依頼、ご相談、お見積はこちら

小野 良勝

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

ランディングページの成功事例その1「DHC 公式オンラインショップ」

上手く使って確認やオペレーションの手間を軽減。Google Chromeの拡張機能

関連記事

  1. Beaconと先進技術を活用した次世代の飲食店とは? リクルート…

    Beaconはスマートフォンに加え、ウェアラブルデバイスや音声認識技術と組み合わせることによってさら…

  2. Beaconによって拡がるビジネスチャンス~自動車分野~

    Googleをはじめとした数多くの有力企業が開発に取り組み、ニュースなどでも耳にすることが多くなった…

  3. Beacon×Eddystone×阿波踊りで伝統芸能の魅力をより…

    徳島県徳島市では、地域伝統の阿波踊りのイベント運営にBeaconをはじめとした最先端技術をいち早く取…

  4. 野球観戦をより楽しく、快適に。スポーツ界に先駆けたMLBのBea…

    スポーツの分野で世界に先駆けてBeaconを活用しているのが、アメリカの4大スポーツの1つMLB(メ…

  5. Beaconが販売店舗での体験を変える「HMV&BOOKS TO…

    Bluetooth信号を発信することによって、受信範囲内のスマートフォンの位置情報を把握することがで…

  6. ビジネスマンや旅行客をサポートする駅のカーナビ。JR東日本「東京…

    在来線・新幹線あわせて15路線以上が乗り入れ、1日50万人以上が利用する東京駅。構内は地上から地下2…

  7. 登山者の行動データ取得にBeaconを活用。長野県「山岳遭難防止…

    小型の端末によって利用者の位置情報を取得できるBeaconは、アウトドア・レジャーの分野でも活用され…

  8. 2020年に向けたインバウンド獲得にBeaconを活用「Fram…

    現在、日本を訪れる外国人観光客は年間1900万人以上。政府は「観光ビジョン実現プログラム」を策定し、…

PICKUP

PAGE TOP