menu

手軽に作ってWebサイトにアクセントを。無料のGif画像作成サービス4選

ディレクター心得

複数の静止画を組み合わせてコマ送りで表示することによって、画像に動きをつけることができるGif。WebサイトにおけるGifファイル活用の歴史は比較的古く、ポータルサイトやブログなどでもその黎明期から広く使われてきました。フラットデザインなどの登場によって、Webデザインの主流がよりシンプルにミニマムなものになりつつある今、そのメリットがあらためて見直されています。

手軽に作成して動きを出せるGifファイルは、シンプルなゆえにのっぺりとした印象を与えがちな現代のWebサイトにアクセントを与えるのに最適です。スマートフォンでの閲覧を前提にしたWebサイトの場合、複雑なビジュアルや動画は表示速度の面でユーザーにストレスを与えるがありますが、容量の小さいGifファイルならそういった心配もいりません。誰でも手軽にGif画像を作成することができるサービスを紹介します。

GIFアニメスタジオ
最大15枚の静止画をアップロードしてつなぎ合わせ、それぞれの表示時間を設定することで、簡単なGifアニメーションを作成することができます。作成したGif画像はURLやQRコードで共有することも可能。日本語テキストによる解説をメインとした非常にシンプルなUIになっており、「作成」、「サイズ変更」といった手順がタブ分けされているので、リテラシーを問わず手早くGif画像を作成できます。

Visual G++
ダウンロードして利用するGif作成ツールです。無料ツールとはいえ、表示スピードや透過色も細かく設定することができ、静止画に加えて動画からGif画像を作ることもできます。操作はドラッグ&ドロップで簡単に行えるのが特徴です。

gifs
YouTubeの動画をGif画像に変換できるオンラインツールが「gifs」です。動画URLをコピー&ペーストするだけで、一瞬でGif画像にすることができます。変換したGif画像をFacebookなどのソーシャルメディアで共有する機能も提供されているので、使い方次第では本編の告知などプロモーションに広く利用できるかもしれません。

PicGIF Lite
Mac向けのGif画像編集アプリです。動画や静止画から手軽にGif画像を作成することができます。並び替えや表示スピード変更、リサイズなどもアプリ1つで行えます。

小野 良勝

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

SEO対策で知っておきたい、Googleマット・カッツ氏の「カタマリ理論」

Beaconによって拡がるビジネスチャンス~広告・プロモーション分野~

関連記事

  1. 読まれるコンテンツに欠かせない、分かりやすい文章の3つのポイント…

    良質なコンテンツを配信することによってユーザーの行動を喚起するコンテンツマーケティングが主流となった…

  2. ランディングページに特化したギャラリーサイト4選

    Webデザインを見る目を養い、日々変化するトレンドへの理解を深めるのに非常に役立つギャラリーサイト。…

  3. Webデザイナーへの発注で最初に伝えたい、デザインの「背景&スト…

    「思い描いたイメージと全然違う」、「あれだけ強調したのに全く伝わっていなかった」…。Webディレクタ…

  4. Webサイトの配色に取り入れたい「70・25・5の法則」

    Webサイトの配色を決めるためには、それぞれの色の特徴・効果とあわせて効果的な配色パターンを知ってお…

  5. フォント選びの基本中の基本。和文&欧文の4系統

    フォントはレイアウトや配色と並んでWebデザインにおいて大きなウェイトを占める要素です。同じテキスト…

  6. メンバーへの共有もより簡単に。ワイヤーフレーム作成ツール3選

    クライアントを含め複数のメンバーが携わるWebサイト制作において、情報共有やプロジェクトの進行に大き…

  7. プラスαの価値&スマホユーザーの傾向も大事。LPの「ストーリー化…

    クライアントの戦略によって課題もさまざまなうえ、トレンドや市況といった外部要因に左右されることも多く…

  8. Webデザインを見極める目を養う、高品質のギャラリーサイト4選

    フラットデザインやマテリアルデザインなど、次々と新しい概念が生まれるWebデザインの世界。プロのWe…

PICKUP

PAGE TOP