menu

Webデザインを見極める目を養う、高品質のギャラリーサイト4選

ディレクター心得

フラットデザインやマテリアルデザインなど、次々と新しい概念が生まれるWebデザインの世界。プロのWebディレクターである以上、デザイナーに任せきりにすることなく最新のトレンドを押さえておきたいものです。日ごろからデザインを見極める目を養い、トレンドとその効果的な使い方を押さえておけば、クライアントへの提案に役立つのはもちろん、Webディレクターとしての価値向上にもつながります。

ただ、忙しい毎日を送るなか、無数にあるWebサイトを手当たり次第にチェックするのは現実的ではありません。そうした時におすすめしたいのが、高品質な画像を集めたギャラリーサイトです。

SG_BOOKMARK
スタイリッシュかつ利便性に優れたWebサイトを厳選したギャラリーサイトです。コーポレートサイトやキャンペーンサイトをはじめ、国内外の1000以上のWebサイトが掲載されています。サイト自体のUIも利便性が高く、プレビュー表示された各Webサイトのファーストビューのサムネイルをチェックするだけで、最新のWebデザイントレンドを押さえることができます。

週刊ウェブデザイン
毎週20以上の最新のWebデザインがピックアップ&登録されているのが「週刊ウェブデザイン」です。掲載されているWebサイトは身近な有名企業のものも多く、例えば、業界別のデザイン事例などを集める場合は非常に重宝するギャラリーサイトかもしれません。カテゴリも細かく分類されており、1ページへの掲載数の多めなのが特徴です。

straightline bookmark
企業のブランディングサイトやキャンペーンサイトをはじめ、採用、教育機関、地方自治体など、7000以上のWebサイトが集められています。UIも使い勝手が良く、サムネイルの大きさを自由に変更してカスタマイズすることができます。他のギャラリーサイトに比べるとソーシャル志向が高く、ブックマークやお気に入りを公開する機能も提供されています。

RESPONSIVE WEB DESIGN JP
レスポンシブ対応に取り組む際はぜひ参考にしたいギャラリーサイトです。食品や建築、クリエイティブなどさまざまな分野のレスポンシブデザインの事例が厳選されており、サムネイル上でデバイス別の表示を確認することができます。

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

コンテンツの公開だけでは不十分?拡散に使いたい3つの手法

あらためて整理しておきたい、Beaconのメリット&デメリット

関連記事

  1. フラットデザインにも相性抜群。スタイリッシュなWordPress…

    用途や目的にあわせて幅広く利用できるデザインテンプレート(テーマ)はWordPressの大きな魅力の…

  2. モックアップやサンプル画像、アプリなどに使える無料PSDファイル…

    プレゼンテーションや打ち合わせの際、具体的なイメージを共有するのに非常に役立つモックアップ。限られた…

  3. あらためて整理しておきたい、ワイヤーフレームを作成するメリットと…

    キャッチコピーや画像、リンクボタン、SNSボタンなど、さまざまな要素が取り入れられるWebサイト。W…

  4. 意外と簡単?Webフォントの利用方法とメリット&デメリット

    CSSを用いたWebサイトが一般的になり、多くのWebデザイナーに注目されているWebフォント。Go…

  5. キービジュアルはイメージより具体性。ファーストビューの効果的な改…

    多くの場合、Webサイトのファーストビューは、「メインコピー」、「キービジュアル」、「サブ要素」、「…

  6. Web運用を委託した方がいい企業5つの特徴!!と、1つの注意点

    Webサイト運用って何かと手間がかかるので、出来れば制作会社に委託したいと考えている企画担当の方が多…

  7. マイクロコンバージョンによってWebサイトを評価する際の2つのポ…

    Webサイトや広告のランディングページを改善する手法として最近注目を集めているマイクロコンバージョン…

  8. アイコンもセットで、レスポンシブデザインにも対応。CSSフレーム…

    WordPressと同じくWebサイト制作の生産性アップに役立てたいのが、CSSフレームワークです。…

PICKUP

PAGE TOP