menu

画像編集をクラウド化して業務効率UP。無料オンライン画像編集ツール4選

ディレクター心得

コンテンツマーケティングがWebマーケティングの主流となり、Webサイトのあらゆる面に高いクオリティが求められるなか、フォトレタッチやリサイズなど、画像を編集する機会はこれまで以上に増えているのではないでしょうか。

Webサイト制作の画像編集にはPhotshopやIllustratorが多く使われていますが、現在では無料で利用できるオンラインの画像編集ツールも数多く提供されています。なかには既存の有償ソフトウェアと同様もしくはそれ以上の利便性を備えたものも少なくありません。

こうしたオンラインの画像編集ツールはPCへのインストールが不要なため、出張先や打ち合わせ先でも場所を選ばず画像を編集することが可能です。クラウドストレージとあわせて利用すれば業務の効率を大きくアップさせることもできます。

Adobe PHOTOSHOP EXPRESS EDITOR
画像編集ソフトの代名詞とも言えるAdobe Photoshopの無料オンライン版です。トリミングやリサイズに加え、フレーム加工や露出の補正といったPhotoshopで提供されている基本機能が網羅されています。スマートフォンで利用できるアプリ(iOS/Android対応)もあるので、目的にあわせて使い分けることができます。

PIXLR EDITOR
「PIXLR EDITOR」は世界的にも多くのWebデザイナーが利用しているオンライの画像編集ツールです。オーソドックスでシンプルなインターフェイスが特徴で、日本語を含めて28ヶ国語に対応しています。フィルターやフレームなど充実した機能が提供されており、コンセプトビジュアルや商品画像、各種ボタンなど、あらゆるタイプの画像の編集に対応することができます。

PIXLR EXPRESS
「PIXLR EDITOR」の簡易版的なツールです。よりシンプルで直観的に操作できるインターフェイスが特徴です。スタンプやエフェクトなども複数用意されているので、急遽画像の修正が必要になった場合や打ち合わせ前の限られた時間で資料やサンプルを揃えたい場合などに向いているかもしれません。

PHOTOX
初心者でも手軽に使えるよう配慮された機能が特徴の画像編集ツールです。リサイズやトリミング、選択、回転をマウスで簡単に操作することができ、操作履歴が残るため誤って加工してしまった場合もさかのぼって修正することができます。最大1000pxまで対応しているので、容量が大きいメイン画像の編集などでも問題なく利用することができます。

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

導入事例 アウトドア・スポーツ分野 その2

トレンド把握&意外なキーワード発掘も可能。キーワードアドバイスツール活用

関連記事

  1. ランディングページの成功事例その2「TECH:CAMP」

    ベテランのWebディレクターでも頭を悩ませることの多いランディングページ制作。用途・目的に沿ったペー…

  2. スマートフォンを意識したWebライティングのコツ

    ソーシャルメディアと相性が良いスマートフォンでは、質の高い記事がFacebookやTwitterで拡…

  3. Webサイトの文章に+αの効果をもたらすフォントサイズ&位置の工…

    特定の文字や語句を強調する場合、Boldやアンダーラインが使われることが多くなりますが、タイポグラフ…

  4. 無料&レスポンシブ対応済みのWordPressテンプレート3選

    Webディレクターの業務のなかでも意外と頭を悩ませることが多いのがレスポンシブ対応ではないでしょうか…

  5. 業務効率を上げるWebディレクター向けテキストエディタ4選

    Webサイトの記事の確認・作成に限らず、デザイナーをはじめとした制作スタッフとの情報共有や、備忘録・…

  6. プラスαの価値&スマホユーザーの傾向も大事。LPの「ストーリー化…

    クライアントの戦略によって課題もさまざまなうえ、トレンドや市況といった外部要因に左右されることも多く…

  7. バズの傾向・経路をひと目で確認できる、SNS効果測定ツール4選

    「これは!」という、とっておきの情報が思いのほか拡散されなかったりする一方で、何気ないコンテンツ紹介…

  8. 意外と簡単?Webフォントの利用方法とメリット&デメリット

    CSSを用いたWebサイトが一般的になり、多くのWebデザイナーに注目されているWebフォント。Go…

PICKUP

PAGE TOP