menu

ブランディングにも大きな影響を与える商品画像。撮影の事前準備のポイントとは

EC

商品画像はキャッチコピーと並んでECサイトの売上を大きく左右する要素です。販売店舗とは異なり、ECサイトではユーザーが実際に商材を手にとって確認することができないため、商品画像のクオリティが商品の良し悪しを判断するうえで重要なポイントになります。

また、ブランディングの観点からもクオリティの高い商品画像を使うことは欠かせません。実際の店舗でも店内が汚れていたり、棚にホコリが積もっていると買う気がそがれるのと同じように、ECサイトの商品画像がブレていたり、汚く見えていたりすれば、ブランドに対する信頼感と購買意欲は低下します。

人物とモノの撮影はごまかしが利かない分、プロとアマの差が出やすい被写体と言われており、ECサイトの商品画像も可能ならプロのカメラマンに依頼するのがベストですが、商品点数が数百点~数千点にのぼる場合、予算の面からも全ての撮影をプロに依頼するのは難しいケースもあります。

自社で商品画像を撮影する際は、事前にしっかりと機材を準備しておくことでよりプロに近いレベルで商材の魅力を伝える商品画像を撮ることができます。

・一眼レフカメラ&三脚
デジタルカメラやスマートフォンのカメラでも商品画像を撮ることはできますが、できれば複数の種類のレンズが交換でき、画素数も高い一眼レフのカメラを用意したいものです。カメラマンに何回も撮影を依頼することを考えれば、長期的な費用対効果の面では決してマイナスにはなりません。

仮にスマートフォンやデジタルカメラで撮影する場合も三脚は必須のアイテムです。手ブレを防ぐのに加え、同じ構図で連続撮影ができるため、効率的な撮影が可能になります。三脚の高さを調整しながら構図を変えて複数のパターンのカットを撮ることもできます。

・ライト&レフ版&バック紙
ライティングは画像のクオリティに大きく影響する要素です。フラットな形状の商品もライティングによってハイライトと影を作ることによって立体感を出すことができます。最初のうちはいろいろな角度でライトを当てて、効果を見ながら商品が映えるポイントを探っていくのが効果的です。

ライティングをする際は、光源の反対側にレフ版を配置することによって光を一定に反射させ、カット全体が暗くなり過ぎるのを防ぐことができます。また、余計なモノを写さず、より商品にフォーカスするためにも被写体の背後にバック紙をセットして背景を作るのが効果的です。

ECサイトに関するご依頼、ご相談、お見積はこちら

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

無料素材とあわせて動画コンテンツ作成に活用したい、無料編集ツール3選

Webコンテンツの印象を大きく変えるタイポグラフィの4原則

関連記事

  1. 「検索型」と「SNS型」。商品ページのヒントになるユーザーの2つ…

    長期的に収益をあげるECサイトを作り上げるためには、ネットショップならではのニッチなコンセプト設計と…

  2. 既存顧客や従来の販売方法に着目することで「越境EC」は進化する。…

    越境ECを活用して既存顧客の囲い込みにつなげるユニークな施策を行っているのが、東京・御徒町に店舗を構…

  3. オーガニック化粧品の人気ブランド「LUSH」に見る、次世代のEC…

    フラットデザインやマテリアルデザインなどさまざまなWebデザインが登場するなか、それらを効果的に取り…

  4. やっとたどり着いたら売り切れ‥。ECサイトにおける縦長ランディン…

    多くのECサイトで見られる縦長のランディングページは情報量の多さゆえに購買行動を妨げ、運用面でもデメ…

  5. カゴ落ちの理由の第1位は?WorldPay社のリサーチに見る原因…

    商品をショッピングカートに追加したものの、結局購入せずページから離脱してしまう「カゴ落ち」。あるリサ…

  6. ECサイトが参考にしたい、有力企業のバズマーケティング

    バズマーケティングとは、FacebookやInstagramといったSNSの口コミを利用してブランド…

  7. 商品の梱包・発送を既存顧客へのアプローチとして活用する

    ECサイトにおいて既存顧客を再獲得するためのコストは、新規顧客の獲得コストの約1/5程度で済むと言わ…

  8. 売り場からメディアへの転換。有名企業も導入するECサイトのコンテ…

    近年のWebマーケティングにおける大きなトレンドが「コンテンツマーケティング」です。Webサイトのコ…

PICKUP

PAGE TOP