menu

Lily Camera|先行予約販売で約40億円を獲得。 自動追尾機能を搭載した超小型ドローン

IoT

アメリカのスタートアップ企業Lily Robotics社が開発し、予約販売だけで約40億円の注文を獲得して注目を集めているのが、自動追尾付き機能付きの新型ドローン「Lily Camera」です。今年2016年夏以降の出荷が予定されており、発表当初から世界中の有力メディアで話題を呼んでいます。

「Lily Camera」の何よりの目玉となっているのは、コントロールパッドなどによる操作を必要とせず、ドローンを空中に放り投げるだけでユーザーを自動的に追尾し、同時に撮影も自動で行うという自動追尾機能です。本体に同梱されるコイン型のトラッキング用のデバイスをユーザーが身に付けることでドローンがそれを検知し、ユーザーの動きに沿って追尾を開始。空中に浮遊しながら搭載された2台のHDカメラで動画や静止画を撮影します。

また、トラッキング用デバイスはマイクロフォンも兼ねており、従来のドローンのようにローターの風切り音に邪魔されることなく、被写体の周囲の音をリアルタイムで録音することが可能です。

ドローン本体とトラッキング用デバイスの接続範囲が最大約30mという制限はあるものの、この自動追尾機能によってユーザーは基本的にハンズフリーの状態になるため、スノーボードやマウンテンバイクなど、激しい動きの最中でも自らを被写体として臨場感のある映像作品を撮ることができます。また、被写体が水中に入った場合を考慮してドローン本体にも防水加工が施されているので、例えば、トラッキング用デバイスをペットの犬に付けたら思わぬ動きをされて、本体が故障…といった心配もいりません。

搭載された2台のHDカメラは1200万画素で、1080px×720pxの動画撮影が可能。映像・画像を保存するストレージとしてmicroSDカードに対応するほか、最大4GBの記録用メディアが同梱されます。バッテリーの最大稼働時価は約2時間で、最高時速約40kmで飛行します。

また、既存のドローンに比べると非常に軽量・コンパクトに設計されており、重量は約1.3kg。サイズは幅・長さとも26.1cm×高さ8.18cmで、片手の手のひらに乗せて持ち歩くことができます。開発元Lily Robotics社のCEOによれば、「Lily Camera」はあくまで空撮対応可能な「カメラ」として開発したといい、実際、予約販売を受け付けたユーザーのほぼ全員がドローンの購入が初めての消費者だったといいます。

小野 良勝

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

renewal06メールマーケティングの意外なメリット&効果的な配信のタイミングとは?

ec05これからECサイトを始める方も安心。人気の無料ショッピングカート3選

関連記事

  1. smart_things

    なんでもできちゃう!smart things

    今回は生活を大きく変える総合的なIoTを紹介しようと思います。それはSmart Thingsです。こ…

  2. 【15】GOkey

    スマホ充電、相互探知、アプリの遠隔操作まで多彩な機能を完備。 B…

    手のひらに収まるサイズの小型ガジェットにもかかわらず、Bluetoothに対応し、内蔵バッテリー、大…

  3. Sproutling

    赤ちゃんの癖を学習して、目覚める時間を予測。 忙しい育児をサポー…

    「Sproutling Baby Monitor」は、赤ちゃんの足首にベルト型のデバイスを巻くことで…

  4. bitbite

    Bitbite|ユーザーの「咀嚼」を解析して食生活改善をサポート…

    「Bitbite」は、ユーザーの食生活改善をサポートするイヤホン型のウェアラブルデバイスです。2cm…

  5. Lively

    プライバシーへの配慮も万全。 一人暮らしのお年寄りをアシストする…

    「安全や健康を見守ってくれる家族はありがたいけれど、プライバシーは尊重してほしい」。そんな一人暮らし…

  6. parrot_flower_power

    Parrot Flower Power|6000種類の植物のデー…

    Parrot社が提供する「Parrot Flower Power」は、植物の状態をリアルタイムでモニ…

  7. T-connect

    T-Connect|車の常識を変えるIoT

    今回ご紹介するのはトヨタ自動車の提供するサービスのT-Connectです。近年テスラモーター…

  8. スマートデスク

    スマートデスク|新たなビジネスパートナーは机!?

    仕事中にずっと座っている姿勢がキツいなと感じたことはありませんか?また、耳からも多くの情報を…

PICKUP

  1. Neuroon
  2. listing08
  3. BLEBeacon01
  4. web01
  5. swifto_dog_walking
  1. ユーザーを引きつけクリックを誘導するショップ名&ページタイトルの工夫
  2. listing05
  3. HELIX
  4. swifto_dog_walking
  5. 企業のポジションとPRの方向性を明確にする「競争地位理論」
  6. 消費者の意見=ニーズではない? ユーザーアンケートの注意点
  7. 【2】VR・AR_ARとは?
  8. director10
  9. 事前の情報整理&掲載の優先順位によって効果が変わる「バナー広告」
PAGE TOP