menu

Vanhawks Valour|ハンドルバーのLEDがスマホと連動してナビ情報を提供。 ユーザーの安全を守るスマート自転車

IoT

トロントに本拠を置くVanhawks社からリリースされるのが、自転車の分野にIoTの技術を導入し、世界中の消費者や投資家から注目を集めるスマート自転車「Vanhawks Valour」です。

「Vanhawks Valour」の特徴は、ユーザー(ライダー)の安全性の第一に考えて開発された数々の安全機能。本体後部には後方の安全を確保するための超音波センサーが2個搭載されており、ユーザーの後方3m・幅1.3mの範囲の物体を検知。同時にハンドルバーに内蔵されている装置を振動させることで、ユーザーに死角となる後方の状況を知らせます。これにより、ユーザーは運転中に振り返ることなく、後方の安全を確認することができます。

また、ハンドルバー上部には、Bluetooth経由でスマートフォンと連動して点灯するLEDランプが搭載されています。あらかじめスマートフォンのマップ上から行き先を指定すると、左折が必要な場所の手前では左側3ケのLEDランプが点灯するなど、ユーザーに進行方向を提示します。ユーザーは前方に集中しながら経路を確かめることができるので、道に迷う心配もないうえ、「スマートフォンの地図を確認するため片手運転で、つい目を離してしまい…」といったリスクも防ぐことができます。適正ルートを誤って通りすぎてしまったなど場合は、ハンドルバー上部両側のLEDランプが点灯し、Uターンを促します。

こうした安全機能した加えて、ユーザーの利便性を考慮した機能設計も施されているのも「Vanhawks Valour」の特徴です。本体には軽さと耐久性を兼ね備えたカーボンファイバーが採用され、通勤・通学からスポーツサイクリングまで幅広い用途で使用可能。加えて、専用のスマートフォンアプリ(iOS/Android対応)には、ユーザーの走行データや消費カロリーを記録できる機能が搭載されており、健康管理ツールとして活用することができるほか、万が一盗難にあってしまった場合もアプリ上から申告するとGPSとWi-Fi、Bluetoothを利用して位置を特定し、ユーザーのデバイスに通知するサーチ機能も提供されています。

自動車やオートバイと比較すると、テクノロジーの導入がきわめて限られていた自転車の分野。そうしたなかユーザーの安全性・利便性に軸足を置いてIoT技術を活用した「Vanhawks Valour」は、クラウドファウンディングKickstarterでも160万ドル以上の出資金を集めて話題を呼びました。

小野 良勝

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

ディレクション費、デザイン費‥気になる料金の内訳とは?~Webサイトの制作費(1)

ハワイ・オアフ島の5つ挙式会場を自宅で下見できる、リクルート「ゼクシィ立体スコープ」

関連記事

  1. スマホひとつで鍵いらず。海外にいても自宅の施錠・開錠を コントロ…

    自宅のドアの施錠・開錠を、鍵を使うことなくスマートフォンやPCでコントロールできるのが、キーレスエン…

  2. LIFX|電気の明るさ自由自在「スマート電球」

    最近はスマートホームという言葉が普通に使われる時代になりましたね。そのスマートホームの中でも先駆者的…

  3. Vessyl|注ぐだけで飲み物の成分を解析。 Bluetooth…

    黒を基調にしたスタイリッシュなデザインが目をひく「Vessyl」。一見、デザイン重視の普通のカップの…

  4. 簡単セッティング&クラウド環境で録画データを閲覧。 ホームセキュ…

    今年ネットギアジャパンから日本での発売が予定されているWi-Fiネットワークカメラ「Arlo Q」は…

  5. HELIX|ブレスレット型のデバイスにイヤホンを収納。 デザイン…

    「いつもイヤホンを持ち歩いているけど、バックのなかでコードが絡まって煩わしい。いちいち取り出すのも面…

  6. Edyn|高機能センサーで植物の育成環境をモニタリング。 Wi-…

    IoTでガーデニングの常識を変えるユニークな製品がWi-Fi対応のスマートスプリンクラー「Edyn」…

  7. SKULLY AR-1|リアビュー・カメラ搭載で前後360°の視…

    デロリアン・モーター・カンパニー社からリリースされているのが、ヘルメット型のウェアラブルデバイス「S…

  8. DietSensor|60万種類以上の食品の栄養素を解析。 「C…

    今年2016年1月にラスベガスで開催されたテクノロジーカンファレンス「Consumer Electr…

PICKUP

PAGE TOP