menu

Webデザイナーへの発注で最初に伝えたい、デザインの「背景&ストーリー」

ディレクター心得

「思い描いたイメージと全然違う」、「あれだけ強調したのに全く伝わっていなかった」…。Webディレクターなら誰でも一度は経験したことがあるのが、Webデザイナーとの認識の行き違いです。

さまざまな情報が交錯するWebデザインのディレクションでは、事前の打ち合わせやメールのやりとりで確認したつもりになっていても相手にきちんと伝わっていなかったり、理解のポイントがずれてしまったりするのも珍しいことではありません。

実際、それなりの経験年数のあるWebディレクターでも、「自分の頭のなかでイメージは固まっているけど、それを言葉や資料で伝えるとなると…」というように、デザインのディレクションに苦手意識を持っている人も少なからずいます。

デザイナーとの認識の違いが発生すると、何度も修正が発生してプロジェクトが遅れるだけでなく、コーディングやコンテンツ制作など他の工程にも影響を与え、プロジェクトに携わる多くのメンバーに迷惑をかけることになります。クライアントと制作スタッフの橋渡し役としてデザインの要件を的確に伝え、行き違いを防ぐにはどうすればいいのでしょうか?

・デザインの背景&ストーリーを共有する
Webデザイナーへ発注する際に意外と見落とされがちなのが、デザインの影に隠れた背景やストーリーです。フォントサイズやアンダーラインの有無などディテールに固執するあまり、「なぜそれが必要なのか?」という視点がおろそかになっていることが少なくありません。

例えば、「今回の○○社のWebサイトは直帰率の改善が目的なので、ページ下部のボタンへスムーズに遷移できるように、この部分のデザインはすっきりさせたい。そのために…」といったように、最初にデザインの理由や背景・目的をデザイナーに共有すれば、ディレクションはより明確なものになります。

デザイナーにとっても、指示された内容の裏付けが与えられることによってより理解しやすくなりますし、経験豊富なデザイナーなら、急なデザイン変更や方向転換を迫られた際も、最初に共有された背景・課題と照らし合わせ、要点を押さえた提案をしてくることもあるかもしれません。

守秘義務などで情報を公開できないケースもありますが、プロジェクトをスムーズに進め、クライアントの要望に応えるためにも、デザインの背景やストーリーはできるだけ共有するのがポイントです。

小野 良勝

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

SNSとも相性抜群。情報をビジュアル化して直感的に伝えるインフォグラフィック

NEST|最適な温度での快適な生活を実現

関連記事

  1. 今さら人にも聞けない!WordPressの基本的なメリット

    2003年5月にリリースされて以来、多くのWebサイト制作に利用されているWordPress。もとも…

  2. CVだけでは分からない課題を浮き彫りにする「マイクロコンバージョ…

    コンバージョンはWebサイトにおける最も重要な指標の1つ。とりわけECサイトなどに関しては「まずコン…

  3. WordPressのメリットを活かす、アクセス解析プラグイン5選…

    Webサイトの運営に必須となるアクセス解析。ページ作成やコンテンツ更新が手軽にできるWordPres…

  4. アイコンもセットで、レスポンシブデザインにも対応。CSSフレーム…

    WordPressと同じくWebサイト制作の生産性アップに役立てたいのが、CSSフレームワークです。…

  5. ツールを使って接客をシステム化。総合力に優れたWeb接客ツール3…

    シニア層のネットショッピングの利用拡大やECマーケットそのものの成長にあわせて、急速にニーズが高まり…

  6. Webデザインを見極める目を養う、高品質のギャラリーサイト4選

    フラットデザインやマテリアルデザインなど、次々と新しい概念が生まれるWebデザインの世界。プロのWe…

  7. キービジュアルはイメージより具体性。ファーストビューの効果的な改…

    多くの場合、Webサイトのファーストビューは、「メインコピー」、「キービジュアル」、「サブ要素」、「…

  8. ランディングページの成功事例その1「DHC 公式オンラインショッ…

    効果的なランディングページを制作するためには、ファーストビューに加えて、Webページ全体のレイアウト…

PICKUP

PAGE TOP