menu

SNSとも相性抜群。情報をビジュアル化して直感的に伝えるインフォグラフィック

制作

多くの企業がコンテンツマーケティングに取り入れているのがインフォグラフィックです。インフォグラフィックは、数値とイラスト、図形、グラフなどを組み合わせることによって情報をビジュアル化したもので、文字情報や画像単体では伝わりにくい複雑な情報も直感的に伝えることができます。スピードと分かりやすさが求められる現在のWebとトレンドに最もマッチした手法の1つと言えるかもしれません。

インフォグラフィックをコンテンツマーケティングに取り入れる大きなメリットは、情報の分かりやすさもさることながら、SNSとの親和性が高さにあります。

従来のWebコンテンツや動画の場合、ユニークな切り口でクオリティの高い内容であっても、言語が壁となって国や地域によって受け入れ方が異なるケースが多々あります。例えば、アメリカ人のユーザーがYoutubeに投稿した動画がアメリカ国内で話題を呼んでも、日本人のユーザーには今ひとつピンと来なかったり、価値観や生活習慣が大きく異なる地域では、逆に嫌悪感を持たれたりすることも少なくありません。

それに対し、視覚に直感的に訴えるインフォグラフィックは言語が分からなくてもある程度の意味を理解することができ、クオリティの高いものはSNSで世界中に拡散されやすい傾向があります。

「infogra.me」はそうしたインフォグラフィックの特性が活かされた、一般ユーザーによる世界最大級のインフォグラフィック投稿サイトです。「infogra.me」で人気を集めたインフォグラフィックは世界中に拡散され、日本語によるインフォグラフィックがコンテンツマーケティングの1つのモデルとして海外のビジネス系メディアで取り上げられることも珍しくありません。

また、日本国内でも多くの有力企業が自社の商材やサービスの特徴にあわせたユニークなインフォグラフィックを制作しています。ぐるなびが2013年に公開した「ビールをよく飲む都道府県ランキング」もコンテンツマーケティングにインフォグラフィックを活用した事例のひとつです。

全国47都道府県別のビールの消費量が数値とビールジョッキの大きさの両方で表され、マップの外側にはその地域ならではのビールと相性の良さそうな食材のイラストが配置されています。このインフォグラフィックはTwitterでユーザーの話題を集めたほか、TV番組でも取り上げられ反響を呼びました。

Web制作に関するご依頼、ご相談、お見積はこちら

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

鮮と閑|創業11年で4人の社長が生まれました

Webデザイナーへの発注で最初に伝えたい、デザインの「背景&ストーリー」

関連記事

  1. 月間ユーザー1億人以上のサービスも。Webディレクターが知ってお…

    世界中で10億人以上の人に利用されているSNS。Webサイトも分野を問わずSNSからの流入が増えてお…

  2. Webサイトのコンテンツをどう見せるか。共有・拡散されやすい3つ…

    Webサイトのコンテンツは内容に加えて「どう見せるか」、「どう届けるか」という視点も非常に大切です。…

  3. 日常的に使うPhotoshopだからこそ知っておきたい、初期設定…

    画像のレタッチやリサイズなど、Webディレクター業務でも何かと使う機会の多いPhotoshop。Ph…

  4. SNSとも相性抜群。心理テスト系コンテンツの3つの特徴・効果とは…

    会員登録や資料請求を目的とする各種ポータルサイトや結婚情報サイト、占いサイトなどでは、ユーザーが手軽…

  5. フォントひとつでバナーの印象は変わるー。訴求ポイント別のバナーの…

    スマートフォンが普及して時間・場所を問わずWebサイトに接触できるようになったいま、多くのユーザーが…

  6. クリック率19倍UPの事例も。Facebookも活用しているパー…

    閲覧履歴や購入履歴をベースとして、1人1人のユーザーにあわせたコンテンツを配信するパーソナライズは動…

  7. ユーザーに声をヒントにWebサイトを改善。手軽に利用できるアンケ…

    Webサイトの効果を示すデータは大きく2つに分けられます。1つはアクセス数やクリック率(CTR)、コ…

  8. ユーザーを適切に導くCTAボタンの3つのパーツと、デザインのポイ…

    予約や購入の起点となるCTA(コール・トゥ・アクション)ボタンは、コンテンツや入力フォームと並んでW…

PICKUP

PAGE TOP