menu

より効果的な定性データを得るためのユーザビリティテストの実施ポイント

リニューアル

クリックや離脱など、Webサイトを訪問したユーザーの行動の理由・背景(定性データ)を把握するために効果的なのがユーザビリティテストです。ユーザビリティテストは数多くの企業サイトのリニューアルでも用いられ、近年ではApple Storeなどでのユーザー評価を獲得するためにも必須のプロセスの1つと言われています。ユーザビリティテストを実施するにあたって具体的なポイントを紹介します。

まず必要となるのは、ユーザーが日常的にWebサイトに接触する機会と同様の状況設定をすること。ユーザーの多くは自宅や職場でPCやスマートフォンからWebサイトを利用しているため、ユーザビリティテストでより自然な結果を得るためには、会議室に椅子を並べたりするなどして、できるだけそれに近い環境を用意することがポイントになります。

また、事前にそれぞれのユーザーがWebサイトを使う状況(例:通勤時間の電車のなか、休み時間のオフィス、自宅の寝室など)をヒアリングし、その状況をイメージしてもらってからテストを始めるのも大切です。先入観を持つのを避けようとするあまり、「何もイメージしないで使ってみてください」と始めてしまっては、逆にユーザーを緊張させてしまうことになります。

さらに、実際のテストでは自社のWebサイトだけに限らず、検索エンジンや競合サイトもあわせて利用してもらうのも重要なポイントです。実際のユーザーはWeb上のさまざまなページと比較・検討しながら自社のWebサイトを閲覧します。自社サイトの課題の背景を浮き彫りにするのがテストの目的ですが、それに固執するあまりユーザーの自然な行動を制限してしまうのは得策ではありません。

検索エンジンでのユーザー行動をモニタリング・ヒアリングすれば、ユーザーが自社のサイトを訪問するまでのストーリーを掴むことができますし、自社のWebサイトから離脱したユーザーがライバル他社のWebサイトでコンバージョンに至ったとしても、その行動をモニタリングし、具体的な理由を聞き取ることによって、ユーザー目線での自社サイトの課題を把握することができます。

自社のWebサイト内での行動だけでなく、その前後のプロセスに注目することは、リニューアルによってWebサイトの価値をどう上げていくかという点で大きなヒントになります。また、競合サイトに対する自社サイトの相対評価は、定量データの解析からは得られない情報であり、ユーザビリティテストならではのメリットと言えます。

リニューアルに関するご依頼、ご相談、お見積はこちら

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

医療にスピード感をプラス! 新システム

あらためて整理しておきたい、Webサイトにおける「色」の効果

関連記事

  1. ユーザーの行動をサーモグラフィのように可視化できるヒートマップ

    セッション数やコンバージョン数など、実際のユーザーの行動にもとづいた数値によって自社のWebサイトの…

  2. ユーザー行動に隠されたストーリーを顕在化させるユーザビリティテス…

    「Google アナリティクス」やユーザーの行動を可視化するヒートマップなどを用いた分析はWebサイ…

  3. CV到達率によって方向性を見定める。「Google アナリティク…

    「Google アナリティクス」を用いた定量データによる現状把握・分析では、全体のセッション数をベー…

  4. Webサイトとあわせて注目したい、制作会社選びの意外なポイント

    制作会社選びで失敗しないためには、制作会社自身のWebサイトとあわせて、制作会社からの連絡手段や対応…

  5. 消費者の意見=ニーズではない?ユーザーアンケートの注意点

    Webサイトの課題の背景・理由を洗い出す定性データの把握・分析において、ユーザービリティテストと並ん…

  6. ペルソナ作成してますか?Webサイトリニューアル前の必須知識

    これからWebサイトリニューアルを控えている企画担当者の皆さん、「Webサイトのペルソナ作成していま…

  7. リニューアルによるアクセス数低下を防ぐための対応策

    リニューアルの成否を分けるポイントは、事前の情報設計や準備段階にあるといっても過言ではありません。事…

  8. Webサイトにおけるエモーショナル・ブランディング。ユーザーの感…

    Webサイトの完成度を高めるうえでは機能や利便性も大切ですが、その一方でユーザーに与える感情や印象・…

PICKUP

PAGE TOP