menu

SEO対策ほど変化の激しい業種はめずらしいものです

SEO

SEO対策ほど変化の激しい業種はめずらしいものです。この状況で競合するサイトに勝ち続けるには計画が最も大切になります。

今回はインハウス担当者に向けて、将来も勝ち続けるヒントを記事にしたいと思います。

変化の激しいSEOであっても普遍的なスキルというものはあります。

(1)制作する技術についての理解
(2)データを分析する視点
(3)ユーザー目線
(4)良質なコンテンツの生成

これらは普遍的なスキルであり、競合と比較した時に負けてはいけない部分です。比較する際の基準になるところは優位を維持すべきところはどこか、特に力を入れるべきところやサイトの育成計画などはあなた独自の視点で構築することが重要です。

営業担当者は情報の宝庫
インハウスSEOを行うにあたって重要なことは、「あなた一人では足りない」ということを理解することです。これは、直接クライアントと接する担当者を巻き込むことをしなければ、クライアントのニーズを掴むことが困難になるということです。

いわゆる営業担当者は情報の宝庫です。目の前のお宝を活かすも殺すもあなた次第ということを念頭に置き、どのようにWEBに反映するかによって得られる成果に大きな違いが生まれることになります。

クライアントにニーズや事業目標、日々の業務の中にあるチャンスや現状の弱点や課題をWEB担当者は理解する必要があります。経営の3大資源に「ヒト・モノ・カネ」がありますが、WEB担当者はこれらを横から差す串のような存在で、情報という手段でそれを達成しなけばならない重要なポジションなのです。

情報は他にも落ちている
ある程度社内で情報を共有し、構築の枠組みが出来上がったら、クライアントとも接点をもつべきです。WEB担当者にしか見えない視点でターゲットとなる事業主のニーズを理解することで、あなが本当に力を入れる部分がより広い範囲で見えてくるでしょう。

頑張っている同業者と話をすることも良い成果を得うることができます。ポイントは頑張っている同業者です。決してグチや不安を口にすることが多い同業者と話してはいけません。負のオーラは伝染します。

モチベーションの高い人たちが興味のあること、何に一番苦労し取り組んでいるか注意深く観察することで、成功のカギが見つかることもあります。たくさんの情報を集め、整理したくさんの計画を実行してみましょう。実行することで知識の精度は格段に向上します。

まとめ

大切なことなのでもう一度いいますが、情報は「ヒト・モノ・カネ」をつなぐ重要な資源の一つです。自社の価値を探し、整理して表現することは事業を大きくする上で欠かせないプロセスなのです。

そういう意味においてSEB担当者は経営に最も近い視点を持たなくてはなりません。そう、変化が激しいSEOよりも激しい変化をしなければならないのはあなたなのです。

SEOに関するご依頼、ご相談、お見積はこちら

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

ブログのネタがないという「言い訳」まだ言いますか?

いま改めてパーソナルコンピューティングの歴史を振り返る

関連記事

  1. クリック率をアップさせるmeta description最適化の…

    ページの内容を要約するmeta descriptionは、タイトルタグと並んでSEOに欠かすことので…

  2. 「クローラビリティ」を向上させるアプローチ

    検索エンジンにおける検索順位は、情報収集用ロボット「クローラー」がテキスト情報やサイト構造、外部から…

  3. 記事の質だけでは不十分?コンテンツマーケティングで見逃されがちな…

    Googleをはじめとした検索エンジンの進化にともない、現在のSEOは良質なコンテンツを配信すること…

  4. 検索結果1ページ目に表示される確率が約53倍に。今こそ知っておき…

    YouTubeをはじめとした動画プラットフォームやSNSの普及によって、非常に身近になった動画コンテ…

  5. クローラーの誤認によって検索順位が落ちる?SEO担当者が知ってお…

    Googleは「ユーザーに有益な情報を提供する」ことを理念として、検索エンジンのアルゴリズムのアップ…

  6. コンテンツSEOはどのように生まれたか?SEOと検索エンジンの歴…

    現在のSEOはコンテンツSEOが主流です。Webページ内のキーワードの数や被リンク数よりコンテンツそ…

  7. 「ユーザーの評価=検索エンジンの評価」という考え方

    Webマーケティングの集客手段としてSEOを活用するには、検索エンジンの仕組みについて正しく理解する…

  8. 他社に先行して商品ページを公開→アクセス数約860%UP。pho…

    SEO対策では、人気の高いキーワードほど競合も多くなり、検索上位を獲得するのが難しくなります。また、…

PICKUP

PAGE TOP