menu

利用する前に押さえておきたいWeb広告の特徴とは?

広告

WebマーケティングにおいてWeb広告(インターネット広告)は、重要な集客手段の1つです。リスティング広告やアフィリエイト広告をはじめ、動画広告、ユーザー属性に合わせて表示されるディスプレイ広告、SNS広告など、現在、Web広告の種類は数十種類にのぼります。自社の戦略やサービスの特徴にあわせてそれらを利用し、大きな集客効果をあげている企業も珍しくありません。

Web広告を利用するうえで大切なのは、その特徴とサービスの種類をしっかりと押さえること。集客手段の1つである以上、すべての広告サービスを使う必要はなく、また利用した数や期間で成果が決まる訳でもありませんが、Web広告の種類・特徴を正確に理解し、戦略的に選び取って活用していくことは、集客効果に加えてユーザー動向やトレンドを把握するうえでも大きなヒントになります。

広告サービスの種類を問わず、まずWeb広告全般の大きな特徴として挙げられるのは、費用対効果がすべて数値化されること。チラシや新聞広告、テレビCM、ダイレクトメールといった既存の広告と異なり、Web広告ではユーザーのアクションをWeb上で完結させることもでき、そこに至るまで広告のクリック数やページへのアクセス数など、すべての要素が数値で表されます。

効果が見やすいという点で大きなメリットになるのは間違いありませんが、数値で表れるということは、常にそれに目を向ける必要があるということです。Web広告で成果をあげるためには、掲載しただけで満足せず、また、広告主のエゴにもとらわれることなく、常に費用対効果の数字をチェックしながら改善のアプローチを重ねていくことが大切になります。

加えて、さまざまなターゲティングが可能なうえ、低コストで利用しやすいのもWeb広告の特徴です。GoogleやYahoo!が提供しているディスプレイ広告などでは、年齢や居住地、閲覧履歴にもとづく嗜好などユーザーの属性にあわせて広告を配信することができ、広告サービスの種類によっては、アカウント取得後、数千円程度の初期費用で利用開始することができます。

そういった意味でもWeb広告は利用する側の使い方1つで成果が大きく変わる広告メディアと言えるかもしれません。それぞれの特徴を知り、的確な戦略をもって広告サービスを利用することが、Web広告を効果的に利用するための大切なポイントです。

Web広告に関するご依頼、ご相談、お見積はこちら

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

ターゲットを選別して効果アップ。広告文のもう1つの役割

「ユーザーの評価=検索エンジンの評価」という考え方

関連記事

  1. 動画広告の代名詞「True View インストリーム広告」のポイ…

    ソーシャルメディアで拡散されることによって予想以上の効果をもたらすこともある動画広告。「インストリー…

  2. 顧客ターゲット層向けのメール広告のメリット&活用法

    自社のサービス・商品に対して購買経験がある顧客ターゲット層へのアプローチも、Webマーケティングの集…

  3. コンテンツは自由自在&SNSでプラスαの効果も期待できる動画広告…

    「Yahoo!ブランドパネル」をはじめとした純広告と並び、自社のサービス・商品に関心の薄い低関心ター…

  4. ユーザー数は全世界4億人。低コストで利用でき、高い効果が期待でき…

    Facebook広告とならんで注目を集めているのが、Instagram広告です。Instagramの…

  5. コンバージョン=売上は間違い。Web広告の運用で見落としがちなポ…

    Web広告を運用していると、「コンバージョン数の目標はクリアしているのに、なぜか売上目標に達しない」…

  6. もう一度見直したい、SNS広告のランディングページ(後編)

    Facebook広告やInstagram広告をはじめとしたSNS広告は費用対効果の高く、限られた予算…

  7. 癒し系のBGMは離脱を招く? 動画広告の勝ちパターン(前編)

    2016年時点で日本国内における動画広告市場は約850億円。多くの企業がWebサイトへの誘導やブラン…

  8. もう一度見直したい、SNS広告のランディングページ(前編)

    ICT総研のリサーチによると、2016年年末時点の日本国内におけるSNS利用者は約6872万人。企業…

PICKUP

PAGE TOP