menu

あえて施策を「打ち切る」SEOの改善アプローチ

SEO

SEOでは、検索エンジンやユーザーの動向を理解したうえで、アルゴリズムの変化と、その裏側にあるトレンドやバリューの変化を捉えることが重要になります。そういった意味で、検索上位獲得やクリック率(CTR)の改善を狙ったアプローチも、ただ数を重ねれば効果につながるわけではありません。リテラシーと明確な戦略にもとづいて的確な施策を打ち出していくとともに、場合によっては施策を打ち切っていくことが、費用対効果のバランスをもたらし、リソースの配分を含めたコストの面でも大きなメリットにつながります。具体的なポイントについてご紹介します。

meta keywordsについて

ページを要約するmeta descriptionと並んで、ページの内容をキーワード化して示したタグがmeta keywordsです。以前は検索上位を獲得するための重要な改善ポイントでしたが、現在のアルゴリズムでは検索順位上昇(ランキングシグナル)効果はなく、Googleも2009年に公式ブログで「ランキング要素に使っていない」というコメントを発表しています

検索上位を狙ううえでmeta keywordsの選定や運用に時間を掛けることは、効果を伴わないコストの浪費となります。また、meta keywordsに配置されたキーワードはWebページのソースを開くことで誰でも見られるため、競合他社に自社のSEO対策キーワードをさらけ出してしまうことにもつながります。現在運用されているアルゴリズムでは、meta keywordsは外しておくのが有効です。

更新頻度について

「Webページの更新頻度を上げることはSEO効果につながる」。これは、現在では信憑性の薄い通説であるとされています。古いコンテンツを長期間にわたって放置しておくのはSEOにおいても得策とはいえませんが、検索上位を獲得するために重要なのは、ページのタイムスタンプの新しさではなく、コンテンツ自体の情報鮮度と、それによってもたらされるユーザーメリットです。

そうした視点を持たないまま頻繁に更新だけを繰り返せば、リソースとコストの無駄となり、Webマーケティングの予算全体を圧迫することにもつながりかねません。ページの更新を行う際は、効果測定データの明確な根拠にもとづき、「ユーザーに評価される(ユーザーにとって有益な)」情報を提供するという意図をもって行うのが大切です。

SEOに関するご依頼、ご相談、お見積はこちら

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

定量データでWebサイトの課題を見える化。「Google アナリティクス」活用法(1)

ターゲティング設定と同様の効果が狙えるアフィリエイト広告の活用法

関連記事

  1. 海外向けWebサイトのSEO対策で知っておきたい4つのポイント

    2020年のオリンピックイヤーを控え、海外向けWebサイトを開設した方やこれから開設しようとしている…

  2. きちんと知っておかないと思わぬリスクも‥。ブラックハットSEOに…

    オウンドメディアやコーポ―レートサイトのSEO対策を担当している方は、ブラックハットSEOという言葉…

  3. 悪意はなかったのに‥。意図しない重複コンテンツが生まれる3つの原…

    ページの内容の全てまたは大部分が同じでURLだけが異なる重複コンテンツ。検索エンジンに重複コンテンツ…

  4. 「クローラビリティ」を向上させるアプローチ

    検索エンジンにおける検索順位は、情報収集用ロボット「クローラー」がテキスト情報やサイト構造、外部から…

  5. 検索エンジンに評価されるために。SEOライティングの2つのコツ_…

    「良い記事だと思って公開したのに、上位に表示されず、アクセス数も伸びない」、「検索エンジンの評価の基…

  6. 動画プラットフォームならではの注意点も。YouTubeを利用した…

    YouTubeなどの動画プラットフォームが定着した今、SEO対策の新しいカタチの1つとして注目を集め…

  7. Web担当者なら知っておきたいスパムリンクの見つけ方&Googl…

    Googleはパンダアップデートやペンギンアップデートの更新を繰り返し行い、人工リンクをはじめとした…

  8. コンテンツで評価されるためにチェックしておきたいポイント

    SEOのトレンドは、タグやディスクリプションの細かい改善を重ねるアプローチから、コンテンツの質を改善…

PICKUP

PAGE TOP