menu

クリック率をアップさせるmeta description最適化のヒント

SEO

ページの内容を要約するmeta descriptionは、タイトルタグと並んでSEOに欠かすことのできない重要な要素です。meta descriptionは120文字以内で作成することができ、検索結果ページのタイトルタグの下に表示されます。

以前と比べてmeta descriptionの改善による検索順位の上昇(ランキングシグナル)効果は少なくなったと言われていますが、検索結果ページを閲覧するユーザーはタイトルタグよりmeta descriptionを長時間見ているという調査データもあり、ユーザーを自社のサイトに導くうえで大切なポイントであるのは変わりありません。

meta descriptionを設定するうえで最初に気をつけたいのは、複数の対策キーワードを混在させないこと。SEOにおいてユーザーの検索キーワードと関連性の高い情報を提示するのは大切ですが、それを意識するあまり複数の対策キーワードをmeta descriptionの中に入れてしまうと、検索エンジンの評価が下がることもあります。

GoogleやYahoo!が重視するのは、あくまで「ユーザーに評価される」情報です。それをおざなりにした作為的なアプローチはSEO全般においてペナルティなどの大きなデメリットをもたらす可能性があるので、常に注意しておきたいポイントです。

具体的にmeta descriptionを決めるにあたっては、検索結果に表示されるリスティング広告などの広告文を参考にするといいかも知れません。こうした広告文には、Webマーケティングで成功している有名企業やSEMに特化した広告代理店が、長年の運用を経て獲得してきたノウハウが詰まっています。それを参考に自社のサービス・商品の特徴を踏まえ、よりユーザーの興味を引く内容を検討していくことでmeta descriptionを最適化するのが、クリック率(CTR)を大幅に向上させるための近道です。

また、スマートフォンの検索結果ページでは、デバイスや環境によってmeta descriptionの表示が50文字程度に短縮される傾向があります。対策として、PC・スマートフォン兼用のmeta descriptionを120文字以内で作成し、うち前半の50文字に優先順位の高い情報を配置。残りの70文字前後は付随的な情報にとどめておけば、運用面でのコストを削減することができます。

SEOに関するご依頼、ご相談、お見積はこちら

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

導入事例 自動車分野 その2

潜在ターゲット層へ効果的にリーチするGoogle「キーワードターゲティング」

関連記事

  1. 「クローラビリティ」を向上させるアプローチ

    検索エンジンにおける検索順位は、情報収集用ロボット「クローラー」がテキスト情報やサイト構造、外部から…

  2. ロングテールSEOにおけるキーワードの選定とコンテンツ制作のコツ…

    ニッチなキーワード(ロングテールキーワード)に沿って質の高いコンテンツを公開し、Googleなどの検…

  3. 検索エンジンに評価されるために。SEOライティングの2つのコツ_…

    オウンドメディアを運営している企業の担当者が頭を悩ませることも多いブログや記事の作成。検索エンジンに…

  4. 対策の「数」からコンテンツの「質」への価値転換

    SEOはあくまでWebマーケティングにおけるアプローチの1つです。広告出稿費などをかけず自社のオペレ…

  5. 悪意はなかったのに‥。意図しない重複コンテンツが生まれる3つの原…

    ページの内容の全てまたは大部分が同じでURLだけが異なる重複コンテンツ。検索エンジンに重複コンテンツ…

  6. 「ベニスアップデート」によって大きく変わったSEO

    「ユーザーに有益な情報を提供する」という理念にもとづいて、Googleは検索エンジンのアルゴリズム変…

  7. 動画プラットフォームならではの注意点も。YouTubeを利用した…

    YouTubeなどの動画プラットフォームが定着した今、SEO対策の新しいカタチの1つとして注目を集め…

  8. 自社サイトの動画で検索上位を狙うための3つの原則

    近年大きな注目を集めている動画SEO。動画をより多くのユーザーに届けるためにはトラフィックの大きいY…

PICKUP

PAGE TOP