menu

Webページの「顔」となるタイトルタグの決め方

SEO

Webサイト上でページを作る際に必ず設定する必要があるのが、そのページを紹介するタイトルタグです。SEOにおいて、タイトルタグはクローラーがWebサイトの情報を認識するうえで非常に重要なポイントになります。また、検索エンジンの検索結果ページでも青字で表示され、最初にユーザーの目に止まる部分でもあるので、タイトルタグの内容を工夫することによってクリック率(CTR)を向上させ、相乗効果が期待できます。

タイトルタグを決めるうえでまず気をつけなければならないのが、タイトルタグに含まれる対策キーワードを1つに絞ること。2つ以上の対策キーワードが混在すると、クローラーは内容が不明瞭な不自然なページと判断し、検索順位が下がったり、タイトルの内容が書き換えられてしまったりする可能性があります。

また、タイトルタグはページの「顔」ともいえる要素で、クローラーは最初にタイトルタグを認識してそこからページ全体の情報を読みとろうとします。タイトルタグが他のページと同じだとクローラーの混乱を招き、ページの評価が下がる可能性もあるので、タイトルタグには必ず固有の情報を入れるようにするのも重要なポイントです。

タイトルタグは検索ユーザーにとっても最初に目にする部分で、そのページに興味を持つかどうかの分岐点になると言えます。企業サイトの制作でタイトルタグを付ける際には自社のサービス・商品の強みとWebサイト自体の目的をしっかり見定めたうえで、優先度の高い情報を配置するようにしましょう。

あわせて、ユーザーの目線で「このサイトで何ができるのか」、「クリックすると、どんなメリットがあるのか」という点をタイトルタグのなかで端的にアピールできるとより効果的になります。一方的に情報発信するのではなく、自社のサービスや商材がもたらすユーザー体験を起点とするアプローチは、タイトルタグのつけ方のみならず、企業のWebマーケティング全般において非常に重要です。

加えて、タイトルタグは見やすさを考慮して文字数にも考慮する必要もあります。Googleの場合、タイトルタグの文字数が35文字をオーバーすると、オーバーした部分は省略され表示されません。表示されなくてもペナルティはないものの、ユーザーに情報を伝え切るという意味でもタイトルタグは35文字以内で作成するのが有効です。

SEOに関するご依頼、ご相談、お見積はこちら

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

導入事例 観光分野 その3

最小限のリスクで販売体制を整える、Web卸仕入れサービスの活用

関連記事

  1. 動画SEOにおける「字幕」の効果

    スマートフォンや動画チャンネルが普及にともない、多くの企業が取り組み始めている動画SEO。世界中で1…

  2. Webマーケティングのキモ!!ロングテールSEOって何だ?

    Webサイト運営者の皆さん、「ロングテールSEO」実践していますか?Googleのパンダアップデ…

  3. 海外向けWebサイトのSEO対策で知っておきたい4つのポイント

    2020年のオリンピックイヤーを控え、海外向けWebサイトを開設した方やこれから開設しようとしている…

  4. ニッチなキーワードで検索上位を狙う。ロングテールSEOの特徴・仕…

    Googleのパンダ・アップデートなどによって検索エンジンのアルゴリズムはより複雑になり、短期間でS…

  5. Webサイトは最初が肝心。SEO効果を高める適切なディレクトリ構…

    企業のWebサイトでは、ページを公開した後にあらためてSEO対策に着手するケースが多いのではないでし…

  6. 世界中のWebサイトを回遊&情報収集する「クローラー」

    自社サイトの改善を通じてオーガニック検索の検索順位を高めることで、コストをかけることなく集客に結び付…

  7. 意外と見落とされがち?今もなお高い効果を発揮する「パンくずリスト…

    日ごろSEO対策に取り組んでいるWebサイト、パンくずリストは設置していますか? 検索エンジンのアル…

  8. 記事の質だけでは不十分?コンテンツマーケティングで見逃されがちな…

    Googleをはじめとした検索エンジンの進化にともない、現在のSEOは良質なコンテンツを配信すること…

PICKUP

PAGE TOP