menu

オーグメンテッドリアリティ(AR)とは?

VR/AR

オーグメンテッドリアリティ(AR)とは?

現実でないものを現実のように認識させるバーチャルリアリティ(VR)に対して、実際にあるモノや空間、環境などに情報を加えて現実を拡張させる技術を総称してオーグメンテッドリアリティ(AR=拡張現実)と呼びます。

具体的には、製品の画像に3Dアニメーションや映像をオーバーレイさせて付属情報を表示したり、スマートフォンのGPSを利用して特定の場所に対応したコンテンツを表示させたりする技術が一般的です。例えば、ソファやテーブルの写真をスマートフォンでスキャンして部屋の置きたい場所にかざすと、家具を置いたときのイメージが確認できる家具量販店のカタログ型アプリや、美術館や博物館でスマートフォンをかざすことによってアート作品の歴史や解説といった付属情報が表示されるアプリなどは、代表的なARコンテンツです。

ARの歴史は意外と古く、1960年代にハーバード大学の研究者がシースルー型のヘッドマウントディスプレイを使って現実世界とコンピューターグラフィックスを重ね合わせる実験を行ったのがその起源と言われています。近年ではユーザーにサプライズと新たな体験をもたらす表現方法として、WEBマーケティングやアパレル企業の店舗など幅広い分野で利用されています。

ARの特徴として挙げられるのは、スマートフォンやタブレットといった既存のスマートデバイスとの親和性の高さです。ヘッドマウントディスプレイなどを使ってユーザーを仮想空間に取り込むVRに対し、ARはあくまでリアルに存在するものをベースとして表現するため、場所や時間を問わずユーザーにコンテンツを提示することができます。こうした特性を活かしてARは現状のスマートフォンのアプリなどに加え、将来的には電子決済や音声通話、WEBブラウンジングなどへの利用が見込まれています。

また、VRとARを組み合わせた技術全般をミックスドリアリティ(MR)と呼びます。コンピューターグラフィックスで作り上げたモノをユーザーが手で動かしたりできるコンテンツや、近年多くのテーマパークやイベントで見られるようになったプロジェクションマッピングなどがその一例です。サンフランシスコの調査会社によれば、MRを含めたARのマーケット規模は2020年時点で約1200億ドル(約12.5兆円)に達し、数億人単位のユーザーを獲得すると見込まれています。

次世代のビジネスチャンスを拓くVR / AR活用術












小野 良勝

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

バーチャルリアリティ(VR)とは?

繋(つなぎ)|格が違う“新鮮”食材と鮮魚を堪能

関連記事

  1. ハワイ・オアフ島の5つ挙式会場を自宅で下見できる、リクルート「ゼ…

    PlayStation VRの発売も間近に迫り、ますます注目を集めているVR(バーチャル・リアリティ…

  2. 導入事例 トレーニング・教育分野 その2

    イー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン「360°VR Tour of EF New Yo…

  3. 今注目を集めるVRの癒し効果。「Guided Meditatio…

    2016年は「VR元年」と言われ、エンターテインメント分野を中心に数多くのVRコンテンツがリリースさ…

  4. 導入事例 観光分野 その3

    エイチ・アイ・エス「バーチャル・ハワイ・ラウンジ」旅行大手のエイチ・アイ・エスが手掛けるVR…

  5. VRコンテンツで鬱を治療?医療分野におけるVR活用

    テレビのニュースやバラエティ番組などで取り上げられる機会も増え、ますます身近なものになりつつあるVR…

  6. 日本発、VRを歩行困難者のリハビリに活用した「COGY」

    VRというと、「ヘッドマウントディスプレイを装着して楽しむゲーム」というイメージを抱く方も多いかもし…

  7. アメリカ・EEDAR社の調査に見るVRマーケットの「今」(後編)…

    2016年11月にサンフランシスコで開催された「VRDC 2016」(Virtual Reality…

  8. ハロウィン商戦にVRコンテンツを活用。アメリカ「Target」の…

    クリスマスやバレンタインデーといった季節ごとのイベントは、多くの企業にとって売上拡大のチャンスです。…

PICKUP

PAGE TOP